編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
調査

IoTエッジのインフラベンダー選定条件、IDCが調査

NO BUDGET

2019-04-26 06:00

 IDC Japanは、「2019年 国内IoTエッジインフラストラクチャの選定基準調査」の結果を発表した。これによると、IoTエッジインフラベンダー選定では、「IoTの技術力」と「ユーザー業務の理解度」が優先されることが分かった。

IoTエッジインフラベンダーの選定基準
IoTエッジインフラベンダーの選定基準

 この調査は、2018年12月にアンケート形式で実施された。対象は、IoTプロジェクトを推進している国内企業および団体の経営層、事業部門長、部課長、係長、主任クラスの人。509の組織から得られた回答をもとに分析している。

 「IoTの技術力」に関連する項目として、「IoT関連技術をよく知っている」「OT(Operational Technology)接続に詳しい」「IT(Information Technology)接続に詳しい」の3項目合計で、全回答数の31.8%を占めた。「ユーザー業務の理解度」に関連する項目では、「当社の業務をよく知っている」が全回答数の10.8%を占めた。なお、「当該ベンダーとは長い付き合いがある」という回答を、「ユーザー業務の理解」に関連する項目として解釈すると、この2項目で、全回答数の20.1%を占めた。

 その他に、最も重要な処理を行うIoTエッジインフラの採用意向に関する質問では、現在は、回答者の6割強が汎用サーバー(UNIXサーバー、x86サーバーなど)を選択していることが分かった。3年後の採用意向では、汎用サーバーを選択する割合は減少し、IoTエッジ専用製品を選択する割合が増加する結果となっている。また、3年後に活用していると思う技術に関する質問では、人工知能(AI~による深層学習が最上位項目となった。

 IDCでは、IoTの技術力とユーザー業務の理解度が優先される背景として、IoTインフラバイヤーでは、IoT活用を主導する人材が不足していることを挙げている。また、今回の調査結果から、IoTインフラバイヤーは、IoTインフラ関連製品やサービスが多岐に渡ることなどから、IoTインフラの選択に苦慮していることも判明したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]