編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
Sapphire Now

体験データで業務アプリケーションを一歩進める--SAP SAPPHIRE&CX Live

末岡洋子

2019-05-09 15:29

 SAPが5月7~9日まで米国フロリダ州オーランドで開催する「SAPPHIRE NOW 2019」では、「体験」がフォーカスの1つとなった。同社は2018年にコマース、マーケティングなどフロント側のスイート「C/4 HANA」を発表したが、得意とする運用データに体験のデータを組み合わせることで何が実現するのかーーCEOを始め幹部らが語った。

SAP CEOのBill McDermott氏
SAP CEOのBill McDermott氏

 2019年のSAPPHREは30回目の開催となり、過去最大の3万人が参加登録した。7日の基調講演に登壇した最高経営責任者(CEO)のBill McDermott氏は、就任からの9年間を振り返り、「170億ドルを研究開発に当て、世界100カ国以上の男女10万人を採用した」と胸を張った。同社の革新を支えるインメモリデータベースの「SAP HANA」は3万社が利用しており、数万の顧客が最新のERP「S/4 HANA」を採用、HR(人材人事)やセールスなどのSAPのクラウドの利用者は2億人を数えるという。これらは全て”ベストランビジネスをサポートするSAP”という同社の精神に呼応する、とMcDermott氏はいう。

 このように、同氏は就任以来、SAP HANAの製品化、そしてフロント側の強化とSAP自身の変革を進めてきたが、今回の「体験」は、大きな一歩となりそうだ。

 「体験が世界経済を決める原則となっている」とMcDermott氏。だが実際には、顧客の期待と現実は異なる。80%のCEOが自分たちは優れた体験を提供していると考えているが、優れた体験を受けていると考えている顧客はわずか8%という。「このギャップによる損失は1兆6000億ドル」と同氏は見積もる。企業のトップは、体験のギャップをどうやって埋めるかを考えているという。

 SAPが2019年1月に買収を完了したQualtricsは、アンケートなどの調査を通じて、人の感情の収集と分析を行う技術を開発する。Qualtricsはこれを「体験マネジメント」と呼び、新しい分野と位置づけている。

 「体験についてのデータを収集していないというところは多い。もしあったとしてもバラバラだ」とMcDermott氏が言えば、Qualtricsの共同創業者兼CEOのRyan Smith氏は、「体験が大切という認識のフェーズは終わった。だが、従業員のフィードバック、製品のフィードバックなどはバラバラで、アクションが取れていない」と語る。

Qualtricsの共同創業者兼CEOのRyan Smith氏
Qualtricsの共同創業者兼CEOのRyan Smith氏

 Qualtricsは、「顧客」「従業員」「製品」「ブランド」の4種類の体験管理アプリケーションとその土台となるプラットフォーム「Experience Management(XM)」を持つ。データポイントは20億以上あるというが、例えば、顧客フィードバックの60%が従業員に関係しているなど、単一のプラットフォームで収集・分析することは重要だという。

 顧客がどこに不満を感じているのかーーSmith氏は、感に頼るのではなく、Qualtricsのようなツールが必要と思える話を紹介した。リピート顧客の減少に悩んでいたある高級ホテルでは、Qualtricsを利用して顧客の不満を分析したところ、「チェックアウトがスムーズじゃない」という原因が浮き彫りになった。ホテル側は顧客維持のためには新しいスパを作る、レストランをリニュアルするなどの対策が必要と思っていたが、「簡単なところに改善点があった」というのだ。

 Qualtricsと相性が良いのが、マーケティング、コマースなどのアプリケーションで構成される「C/4 HANA」だ。SAPPHIREとは別会場で開催されたC/4 HANAのイベント「SAP Customer Experience Live」では、SAPのMarketing CloudとQualtricsを連携させ、Qualtricsのフィードバック情報とMarketing Cloudにある顧客の行動データなどを組み合わせて不満を汲み取り、最適なキャンペーンを送るというデモを見せた。

 Smith氏はQualtricsが収集するデータを感情のデータ(X-data)、SAPが収集するデータを運用データ(O-data)としながら、「体験データと運用データを組み合わせることでギャップを解消できる」という。QualtricsはSAP買収が決定する前にIPOをする直前にあったが、SAPとの相性の良さを感じてSAPとの合体を選んだと明かした。

 QualtricsのXMは現在1万社が利用しており、この中にはUnderArmourなど、既に両社を採用している企業もいるという。体験データへの価値が認識されてか、「毎四半期500社の新規顧客が加わっている」とSmith氏は明かした。

 C/4 HANA事業を率いるSAP Customer ExperienceプレジデントのAlex Atzberger氏は、「SAPは過去40年、運用データの収集を得意としてきた。世界のトランザクション75%が何らかの形でSAPを経由している。Qualtricsにより感情データが加わることで、より深く、リッチに顧客を理解できる」と述べる。

SAP Customer ExperienceプレジデントのAlex Atzberger氏
SAP Customer ExperienceプレジデントのAlex Atzberger氏

 そして、“並み”ではなく“最高”の顧客体験を提供するためには、(1)パーソナライズ、(2)信頼、(3)タイミングの良いデリバリー、(4)共感、(5)エンゲージの5つが必須として、それを実現するためにサイロではなく1つのプラットフォーム、スイートに統合する必要があるとし、C/4 HANAの重要性を強調した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]