編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

シスコ、予想をやや上回る第3四半期決算を発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-05-16 12:17

 Cisco Systemsは米国時間5月15日、市場の予想をやや上回る2019会計年度第3四半期決算(2019年4月27日締め)を発表した。


 1株あたりの利益は非GAAPベースで78セント、売上高は前年同期比6%増の130億ドルだった。

 アナリストらは、1株あたりの利益を77セント、売上高を128億9000万ドルと予測していた。

 製品部門の売上高は7%増の97億2000万ドル、サービス部門の売上高は3%増の32億4000万ドルだった。製品部門の売上高の内訳は、インフラプラットフォームが5%増の75億5000万ドル、セキュリティ製品が21%増の7億700万ドル、アプリケーションが9%増の14億3000万ドルだった。

 地域別に見ると、アメリカ地域で9%増、EMEA(欧州/中東/アフリカ)地域で5%増、APJC(アジア太平洋/日本/中国)地域で4%減だった。

 最高経営責任者(CEO)のChuck Robbins氏は、声明で次のように述べている。「第3四半期の堅調な業績は事業全体に及び、当社の戦略やビジネスモデル、市場をリードするポートフォリオに対する顧客の信頼を反映している。技術が顧客の戦略の中心にあり、われわれは顧客の事業目標達成に役立つ技術を開発している」

 Ciscoは第3四半期に、株式非公開の半導体企業Luxteraと、同じく株式非公開のネットワークインフラ分析企業Singularity Networksの買収を完了した。

 Ciscoは第4四半期について、非GAAPベースの1株あたり利益を80〜82セント、売上高を前年同期比4.5〜6.5%増と予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]