編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ヤフー、データ分析基盤「Teradata Vantage」を本格稼働

NO BUDGET

2019-05-17 12:07

 ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」を運営するヤフーは、データ分析基盤「Teradata Vantage」を導入し、本格稼働させた。日本テラデータが5月15日に発表した。

 Yahoo!JAPANは、各種サービスのデータをリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Teradata Database」に収集し、大規模な分析・活用を進めてきた。システムの拡張に伴い、Teradata Databaseの後継製品であるTeradata Vantageを導入し、同製品のコアエンジンである「NewSQL Engine」を活用したデータ分析基盤を構築した。

NewSQL Engine機能の概要
NewSQL Engine機能の概要(出典:日本テラデータ)

 NewSQL Engineは、数学および統計、データ変換、パス&パターン、セッショナイズ、アトリビューション、スコアリング機能などの関数を用意する。NewSQL Engineのほかに、Machine Learning Engine、Graph Engineを利用することも可能。多構造化データを加工、準備、分析、視覚化するために180種類以上の事前構築済み分析関数も提供する。

 Yahoo!JAPANでは、テラデータとのグローバルな技術提携に基づき、Teradata Vantageのベータプログラムに日本のユーザー企業としては唯一参加し、検証を行ってきた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]