編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Microsoft HoloLens 2が日本初公開--「de:code 2019」基調講演

阿久津良和

2019-05-30 06:00

 日本マイクロソフトは5月29日から2日間、開発者向けの年次イベント「de:code 2019」を開催している。初日の基調講演では、Microsoftが米国時間5月6日から開催したグローバルイベント「Build 2019」の発表を踏まえ、代表取締役社長の平野拓也氏が「ベースがMicrosoft Azure、その上にMicrosoft Dynamics 365 & Power PlatformとMicrosoft 365、そして新たに注力するプラットフォームとしてMicrosoft Gamingと4つのクラウドプラットフォームでDX(デジタル変革)を推進し、パートナーを巻き込んでダイナミックなビジネスを進める」と表明した。

日本マイクロソフト 代表取締役社長の平野拓也氏
日本マイクロソフト 代表取締役社長の平野拓也氏

 パートナービジネスについて平野氏は、Build 2019で劇的に発表したソニーとMicrosoftの戦略的提携に向けた意向確認書を締結にも触れ、「今後はMicrosoft Azureを活用したゲームやコンテンツのストリーミングサービスを通じたソリューション共同開発や、Microsoft AI(人工知能)技術をソニーのコンシューマー製品における採用の検討と、半導体分野ではインテリジェントイメージセンサーの共同開発を検討する」と述べた。締結時に同氏も現場に同席したといい、「(ソニー 社長 兼 CEO 吉田憲一郎氏とMicrosoft CEO Satya Nadella氏の)両CEOの意気投合具合に興奮した」という。

 事例としては、トヨタ自動車の新たな取り組みを発表した。トヨタ自動車は、従来の紙やウェブによる作業手順書や修理書の3Dデータ化を検証しており、現場の整備士はMicrosoft HoloLensを装着し、作業を行う部位にホログラフィックとして映し出された3Dデータの作業手順書や修理書を通じて、整備作業に取り組む。日本マイクロソフトによれば、トヨタ自動車は、2019年内にMicrosoft HoloLens 2を導入し、同ソリューションをトヨタ系列の販売店へ順次展開する予定。作業手順書や修理書の3Dデータ化には、Microsoft HoloLensを通して作業手順を3Dで表示するDynamics 365 Guidesを使用し、併せてAzure AIを活用して作業ミスや作業漏れを検出する機能の開発と検証を、Microsoftとともに実施するという。

 基調講演では、アセントロボティクスと日本マイクロソフトによる、クラウドを活用した自動運転テクノロジーの開発に向けて協業することも発表された。アセントロボティクスは2016年に創業し、自動運転車やロボティクス分野におけるAIソフトウェアの研究開発に取り組む企業だが、「従来の自動運転システムはインフラやセンサーが整備された環境でしか走れない。異なる場所では再プログラミングが必要になる。われわれはこの課題に対して、経験から学び取るアルゴリズムを使用した機械学習を採用し、一度学習して組み込んだシステムは追加不要だ」(アセントロボティクス 代表取締役CEO 石﨑雅之氏)と説明する。アセントロボティクスは、Microsoft Azureの活用と日本マイクロソフトのパートナーエコシステムによって社会課題の解決と事業拡大を目指すとした。

アセントロボティクス 代表取締役CEOの石﨑雅之氏
アセントロボティクス 代表取締役CEOの石﨑雅之氏

 基調講演にはMicrosoft側から、Microsoft 365やMicrosoft Azureなどの担当副社長とMicrosoft HoloLens 2担当のテクニカルフェローも登壇した。

 Microsoft 365を担当するMicrosoft CVPのJared Spataro氏は、Thomas Stearns Eliot(トマス・スターンズ・エリオット)の「知識に埋もれて、知恵が見つからず」の言葉を「情報に埋もれて」と置き換えつつ、「自らに問う。職場でも家庭でも起きるイノベーションは、ランニングマシンのスピードが加速しているように思わないだろうか」と、生産性の再定義が必要であると強調した。その文脈において、「現代はアプリもデバイスでもなく人が中心。人に焦点を当てることで、人々の生産性が向上し、人生を楽しめるようになる」と、Microsoft 365各ソリューションの活用を来場者に勧めた。

Microsoft CVPのJared Spataro氏
Microsoft CVPのJared Spataro氏

 具体的な活用方法として同社は、Outlook Mobileにメールで交わした約束を思い出させるアクショナブル(操作可能な)メッセージを使えば「予定表を自動でブロックし、受信トレイから離れなくて済む」(Microsoft VP, Clinical OperationsのMary Shepherd氏)とアピール。Microsoft Teamsもスマートフォン版からビデオ会議に参加し、Windows 10における集中モード(任意レベルの通知を抑制する機能)の活用や、Chromiumエンジンに切り替わったMicrosoft Edgeが搭載するCollection機能(画像などウェブコンテンツを独自収集する)では「必要なコンテンツ収集を容易にし、そのままExcelやWordにエクスポートできる」(Shepherd氏)と紹介した。

 また、Wordが今後持つアイデア機能にも触れ、「略語や表現の変更機能は、つづりや文法以外にも役立つ」(Shepherd氏)と説明。Wordに追加したい内容を示した一文をAIが検知し、タスク化するオプションも今後提供されるという。同僚の名前を追加すればメール送信の自動化も可能だ。これら新機能の背景にはMicrosoft Graphが存在する。「Microsoft 365使用時の動作を観察し、バックグルアンドでライングラフやノード、それらをつなぐエッジを作成。検索や分析を通じて各種サービスを提供している」(Spataro氏)と明かした。

Microsoft 365のデモンストレーションを担当したMicrosoft Senior Product Manager, Microsoft 365のMary Shepherd氏
Microsoft 365のデモンストレーションを担当したMicrosoft Senior Product Manager, Microsoft 365のMary Shepherd氏

 Windows 10に関しては、JavaScriptライブラリであるReactの開発者が、Windows 10を対象に含められるReact Native for Windows、オープンソースソフトウェアとして開発中のWindows Terminal、Windows 10でLinuxの実行環境を大きく改善するWindows Subsystem for Linux 2を披露した。Office 365に関しては、コンテンツの共同編集を容易にするFluid Frameworkを紹介し、「開発者が各ブラウザにエクスペリエンスを構築し、人とアプリの間にある障壁を打破できる新たなテクノロジー」(Spataro氏)と説明した。デモンストレーションでは、約2000マイル(約3219km)離れた場所へ入力結果が、ほぼリアルタイムに反映する様子や、日本語で入力した文章が8つの他の言語に同時翻訳する様子を披露。新しいMicrosoft Edgeが搭載するIEモードやプライバシー設定、Microsoft Teamsが新たに供えるファーストラインワーカー向け機能を紹介していた。

 Microsoft AzureやSQL Serverなどを担当するMicrosoft CVPのJulia White氏は、多くの新機能を紹介。ブラウザベースの開発支援ツールであるVisual Studio Onlineや、YAML定義のCI/CDを使用した統合パイプラインであるAzure DevOps、GitHubとAzure Active Directoryの同期サポート、GitHubアカウントを用いたMicrosoft Azureへのサインイン、Visual Studio+GitHub Enterpriseの統合サブスクリプション、そしてJEDA(Kubernetesベースのイベント駆動型自動スケール)をアピールした。

Microsoft CVPのJulia White氏
Microsoft CVPのJulia White氏

 デモンストレーションでは、Azure DevOpsとGitHubの連携、Azure Sphereを用いてAzure IoT CentralやAzure IoT Plug and Playを利用した開発例、Azure KinectとAzure Cognitive Serviceを連携して音声をリアルタイムでテキスト化するなど、複数の使用例を示した。

 その中でAzure Cognitive Servicesには、パーソナライズしたユーザー体験(UX)の作成をサポートするPersonalizerや、手書き文字をテキストへ自動変換するInk Recognizer、カメラで撮影したフォーム形式のデータを抽出するForm Recognizer、対面会話型のリアルタイム文字起こし機能のConverssation Transcriptionが新たに加わる。同じくAIの文脈では、没入型検索を実現するAzure Cognitive Searchの一般提供開始(GA)、Azure Machine Learningで使用する自動機械学習のUIやMLOps、UIツールの更新、FPGAを使用したハードウェア高速化モデル、NVIDIA、Intelチップ向けのONNXランタイムのサポートに触れた。

 「データ+分析」での文脈は、データベースが主なテーマとなる。ストレージスケールアウトも無制限に対応可能なAzure SQL Database HyperscaleのGA化、シームレスにスケールアウトし、無限のクエリとノードに対応するAzure Database for PostgreSQL Hyperscale、パフォーマンス単位や秒単位で課金するSQL Server互換のAzure SQL Databaseサーバーレス、ARMプロセッサー環境に最適化してWindowsやLinuxをサポートするAzure SQL Database Edge、Azure Cosmos DBには、データベース内のトランザクションデータに対するSparkの組み込みサポートや、機械学習モデルの構築・運用、Jupyterノートブックの組み込みサポートが加わった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]