編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オラクル、Oxygen Systemsを買収--ブラジルのERP市場での中小企業獲得に注力へ

Angelica Mari 翻訳校正: 編集部

2019-07-02 10:24

 Oracleは米国時間6月26日、ブラジルのジョインヴィレに拠点を置くOxygen Systemsを買収したと発表した。Oracleはこの買収により、同国の中小企業市場でのシェア拡大を目指す。

 チリのシステムインテグレーターSONDAからのスピンオフとして2017年に創業したOxygen Systemsは、NetSuite SuiteCloud Developer Networkパートナーとしてシステムのローカライズに取り組んでいる。

 Oracleによる発表は主に買収の完了を伝える簡潔な内容となっており、買収により「国際的なグローバル顧客に対するOracle NetSuiteのサポートを強化し、ブラジルにおけるERPのローカライズエクスペリエンスをシームレスなものにする」としている。

 ブラジルにおけるOracleの事業のうち20%は中小企業を対象としたもので、同社はここ数年、そうした企業の獲得に力を注いでいる。

 Oracleの中小企業顧客は同社のクラウド製品を採用する傾向にあり、2016年にOracleがNetSuiteを買収して以来、それがより顕著になっている。

 ブラジルのクラウドERP市場は同国の企業であるTOTVSが大きなシェアを占めるなか、Oracle BrazilのプレジデントであるRodrigo Galvao氏は中小企業の獲得は戦略上の鍵となる優先事項だと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]