マイクロソフト、「Dynamics 365」のバグ報奨金プログラム開始--最高2万ドル

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2019-07-22 11:14

 Microsoftが、バグ報奨金プログラムの対象に、ERPおよびCRM製品である「Microsoft Dynamics 365」を追加している。報奨金額は最大で2万ドル(約216万円)となっている。

 Dynamics 365のバグ報奨金プログラムは米国時間7月17日より開始されており、同製品に潜んでいる脆弱性を発見し、報告したリサーチャーに対して問題の重要性に応じて500ドル(約5万円)~2万ドルが報奨金として支払われるという。

 Dynamics 365にはオンラインとオンプレミスのアプリケーションが数多く存在している。オンラインアプリケーションとしては、「Dynamics 365 for Sales」(営業向け)や「Dynamics 365 for Customer Service」(カスタマーサービス向け)、「Dynamics 365 for Field Service」(フィールドサービス向け)、「Dynamics 365 for Talent」(人材管理向け)、「Dynamics 365 for Finance and Operations」(財務/運用向け)、「Dynamics 365 for Retail」(小売り向け)などが対象となっている。また、「Microsoft Dynamics AX」や「Microsoft Dynamics CRM」「Microsoft Dynamics GP」「Microsoft Dynamics NAV」「Microsoft Dynamics SL 」といった最新版のオンプレミスアプリケーションも対象となっている。

 またMicrosoftは、バグ報奨金プログラムの大枠を整理し、高レベルの要求を簡素化するとともに、追加のリンクやリソースを提供した。

 今回の改定でバグ報奨金プログラムは、「Cloud Program」(クラウドプログラム)と「Platform Program」(プラットフォームプログラム)、「Defense Program」(防御プログラム)という3つの主要カテゴリーに再編成された。

 そしてDynamics 365のバグ報奨金は、Cloud Program内に分類されている。Cloud Programには、「Azure Active Directory」などのサービスの脆弱性を報告できる「Microsoft Identity」のほか、「Azure DevOps Services」「.NET Core and ASP.NET Core」「Microsoft Cloud Bounty」などのプログラムもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]