テナブル、セキュリティプラットフォームでの外部連携を強化

NO BUDGET

2019-08-20 09:50

 テナブルは、同社のセキュリティプラットフォーム製品「Tenable.io」関連のサービスと、他社製品およびサービスとの連携することで拡張性を強化すると発表した。

 ServiceNowとの連携では、脆弱性優先評価(VPR)をServiceNowセキュリティオペレーションとITSMインテグレーションに搭載することで、利用者がそれぞれの事業リスクに基づいて、修復すべき脆弱性の優先順位付けをし、フィルターにかけて検視できるようにする。また複数のテナブル脆弱性データをServiceNow 脆弱性レスポンスとServiceNow CMDBの中に同時に取り入れることで、脆弱性データの同期スピードを最大400%高められるようにした。

 Amazon Wen Services(AWS)環境でセキュリティとコンプライアンスを一括で管理可能にする「AWS Security Hub」との連携では、Tenable.io用のAWSコネクターによって、自動的かつ連続的にAWSクラウド環境下における資産の変化を発見し追跡できるようになる。AWSコネクターはTenable.ioの中にある全てのクラウドベース資産の統合ビューを作ることで、より正確なサイバーリスクの可視性を実現する。

 SIEM製品の「IBM Qradar」との連携では、Tenable.ioとIBM Qradarを新たに統合できる新製品をIBMが発表した。これをベースにしたオンプレミスとクラウドベースの両方で企業データを完全に可視できるサポートをIBMが提供開始している。利用者はレポートを作成し、スケジュールを読み込み、脆弱性を検知することで、その分析を活用して、調査を迅速に進めインシデントの影響を軽減することができる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]