編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

A10、ローカルブレイクアウトとアプリ可視化をパッケージ化

NO BUDGET

2019-08-29 07:15

 A10ネットワークスは8月26日、拠点(支店/支社)でのローカルブレイクアウトを実現する新しいアプライアンスとクラウドアプリケーションの可視化機能をパッケージ化した新しいサブスクリプションライセンスモデルを提供開始すると発表した。

 ローカルブレイクアウトとは、拠点での特定のクラウドアプリケーションのトラフィックのみを、データセンターを通さずにインターネットに直接振り分ける機能。Office 365などのクラウドアプリケーションが企業のビジネス基盤として浸透する中、トラフィック数の多いクラウドアプリケーションの利用によりネットワークが圧迫し、処理能力低下などの問題が起きるのを防ぐ。

 今回発表されたライセンスモデルは、新たに提供する拠点でのローカルブレイクアウト用に最適化した専用アプライアンス「Thunder 840 CPE」と、Office 365をはじめとするクラウドアプリケーションを可視化する「Cloud Proxy App」で構成されている。

拠点のローカルブレイクアウトと可視化のイメージ図
拠点のローカルブレイクアウトと可視化のイメージ図(出典:A10ネットワークス、以下同)
Thunder 840 CPE
Thunder 840 CPE

 本社データセンターのA10 Thunderシリーズでクラウドアプリケーションのトラフィックを最適化するだけではなく、各拠点にThunder 840 CPEを設置することにより、各拠点から特定のクラウドアプリケーション向けトラフィックをインターネットに直接接続し、拠点のネットワークパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを確保できる。

 さらにCloud Proxy Appによって、本社データセンターと各拠点のOffice 365のログイン情報や利用状況、ファイルの共有状況なども把握できる。A10 Thunderシリーズを通過するトラフィック中の3200種類以上のアプリケーションを識別および可視化し、許可されていないアプリケーションの利用によりセキュリティリスクを高めるシャドーITへの対策も可能となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]