編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AWS、フルマネージド型台帳データベース「Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)」一般提供開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-09-11 12:30

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間9月10日、中央集権型のフルマネージドな台帳データベース「Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)」の一般提供(GA)を開始したと発表した。このサービスは、信頼できる中央機関が所有するイミュータブルで、暗号学的検証が可能なトランザクションログを提供する。

 Amazon QLDBは2018年の「AWS re:Invent」カンファレンスで、「Amazon Managed Blockchain」とともに発表された。Amazon Managed Blockchainは、EthereumやHyperledger Fabricを使用してスケーラブルなブロックチェーンネットワークを簡単に作成、管理できるようにするものだ。Amazon Managed BlockchainのGAは4月に発表された。

 顧客は中央集中型のサービスとしてQLDBを利用することで、トランザクションの永続的レコードを維持できるようになる。例えば、顧客の銀行口座をまたがって貸方と借方を追跡したり、製品の製造履歴を追跡できるようになる。

 同社は、このサービスではなじみあるデータベース機能を利用できるため、簡単に使用できると説明している。また同サービスは、構造化データや非構造化データを格納できるようにすると述べている。

 なお、SplunkやKlarna Bank、英運転免許庁、Accentureなど一部の顧客は、既にQLDBを使用しているという。

 Amazon QLDBは、米国東部(オハイオ)、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、アジアパシフィック(東京)、欧州(アイルランド)などで利用可能になっており、今後さらなるリージョンで提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]