編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ウイングアーク1st、デジタルワークフローと帳票を連携させたクラウドサービスを提供

NO BUDGET

2019-10-23 09:06

 ウイングアーク1stは、帳票クラウドサービス「SVF Cloud」とServiceNow Japanが提供するデジタルワークフロー「ServiceNow」を連携させた「SVF Cloud for ServiceNow」を11月29日から提供すると発表した。

 「SVF Cloud」は導入実績が2万3000社を超える帳票基盤ソリューションの機能をクラウド上で利用することができるサービス。「ServiceNow」はデジタルワークフローのプラットフォームで、さまざまな業務フローをデジタル化し、単一の企業クラウドプラットフォームを提供している。

「SVF Cloud for ServiceNow」画面
「SVF Cloud for ServiceNow」画面

 「SVF Cloud for ServiceNow」は、インテリジェントで直感的なデジタルワークフローに加え、業務帳票の出力までを一気に自動化することを可能にする。帳票フォームのデザインも、ノンプログラミングで設計できるため、外部にレイアウト設計を委託することなく環境に合わせたスピード作成が可能となり、帳票設計工数やコストの大幅削減が実現する。

 同サービスでは、ServiceNowレコードとSVF Cloud フィールドをマッピングし、簡単に帳票出力設計ができることに加え、Now Platform 上から印刷ボタンが設置でき、帳票出力(印刷、PDF出力)がワンボタン操作で実行できる。利用価格は月額30万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]