編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割

第4回 IT部門に必要な2025年のDXに向けてのチェンジマネジメント

石橋正彦

2019-12-11 13:15

 2019年の現在は、デジタルトランスフォーメーション(DX)がIT部門の耳に入るようになった。定義や捉え方は企業によって異なるが、五輪特需や大型プロジェクトの活況が終わった先の2025年は、本格的なDXの時代が始まるであろう。しかし、期待されるDXは全社レベルで検討すべきビジネスの話か、IT部門が検討すべきITの話か――これまでのDXの前身に当たる方法論をもとに、2025年に想定される事象をシミュレーションし、その先のIT部門の年齢構成の変化も読み解きながら、DX時代のIT部門の姿を全8回の連載で占う。第1~4回はDXのガバナンス、第5~8回はDXのテクノロジーがテーマだ。

 第3回では、DX推進で用意していくべき「撤退の議論」の話をした。今後DXを推進するIT部門のDX推進体制を分析し、IT部門がどのようにビジネスに貢献できるか仮説を立て、「IT部門のDX組織/推進体制」を4つのパターンで比較した。

 さらには、IT部門のDX事業からの撤退を例示し、オンプレミスとパブリッククラウドの違いの例を挙げた。ガートナーは、2019年10月に「IT部門がビジネスに貢献していない」という調査結果を発表したが、本稿ではビジネスに貢献できるという観点で述べていく。次の図8では、2025年に向けての「DX事業での撤退」例を示している。

 図8では、全社レベルとIT部門のケースで、それぞれDX事業に参入してから撤退するまでのタスクを時系列にまとめた。本連載の第1~3回でDXがビジネスにどのような効果をもたらすのか、組織や体制の話をした。実際にDXのビジネスが開始され、DXのビジネスから事業の撤退は重要な決断である。しかし2025年に向け、いつでも撤退できるようなITシステムの構築こそ、IT部門が経営に関与し、経費削減から経営に貢献できる立場に転換する機会である。

 2025年に向けてDXを推進する上で、「DXとはITの話であり、デジタルとしてモバイル、クラウド、IoT、ビッグデータをどのように活用するか」という論点が大事だと思う方もいるだろう。ただ、それでは従来のIT部門のように、IT部門はあくまでコストセンターであり、予算を捻出するのは、IT部門の仕事ではないという、「DX=与えられた仕事」に陥る恐れがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]