編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

PARCO、免税処理電子化アプリ採用--10秒で処理、電子化の義務化に対応

藤代格 (編集部)

2019-11-26 07:15

 ショッピングセンター「PARCO」など、全国で31店舗を運営するパルコ(豊島区、連結従業員数651人)は、訪日外国人(インバウンド)向け免税処理電子化アプリ「Smart Detax(スマートデタックス)」を採用。11月22日の渋谷PARCOのオープンを皮切りに手続きを電子化し、売上拡大を目指すという。11月21日、スマートデタックスを開発、提供するスマートテクノロジーズ&リソーシーズ(渋谷区)が発表した。

 訪日客は消費税が免税されるが、店頭では手書き、または光学文字認識(OCR)機、PC、専用のパスポートリーダーなどを活用して対応しているという。システム機材は大型で使い勝手が悪く、初期費用や運用費用、会計レジシステムの改修などのコストも課題としていたという。

 一方で、免税売り上げの増大に伴い業務負担が増加傾向。2020年4月には免税販売手続電子化制度が施行され、ペーパレスの義務化も控えているとしている。

 スマートデタックスは、OCRで免税販売手続きを電子化できるスマホアプリ。顔写真まで読み取れる自社開発の人工知能(AI)を活用しているという。専用の設備やレジシステムの改修は不要。約10秒の処理時間で、パスポートの読み取りから免税店に必要な購入者誓約書、購入記録票の自動作成、国税庁サーバーへの送信までができるとしている。

活用イメージ(出典:スマートテクノロジーズ&リソーシーズ)
活用イメージ(出典:スマートテクノロジーズ&リソーシーズ)

 ライセンスはデバイスごとに必要。料金は非公開だが、1万円以下を想定しているという。iOSに対応しており、Android版は2020年2月にリリース予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]