編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、「Dynamics 365」の一部HRアプリ終了へ--LinkedInのソリューション強化

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-12-09 11:09

 Microsoftは「Dynamics 365 Talent Attract」「Dynamics 365 Talent Onboard」アプリの提供を米国時間2022年2月1日に終了する準備を進めているという。Microsoftが先週明らかにした。Microsoftは、「LinkedIn Talent Hub」に移行することを推奨している。さらに、MicrosoftはDynamics 365 Talentの「コア」HR機能の一部を再パッケージ化し、「Dynamics 365 Human Resources」として2020年2月3日にリリースする予定だ。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftは12月6日に公開した複数のブログ記事(1つはMicrosoft MVPのJukka Niiranen氏がTwitterで知らせてくれた)で発表している。「Dynamics」のウェブサイトには、今回発表された変更がすでに反映されており、Dynamics 365 TalentはDynamics 365 Human Resourcesになったと書かれている。

 Microsoftは8日、DynamicsのコアHR機能を使用しているユーザーに対し、新しいDynamics 365 Human Resources製品に自動的に移行されると伝えた。Microsoftによると、同社はそれまでAttractとOnboardのサポートを継続するという。また、現在利用中のユーザーは2020年6月6日まで契約を更新できるという。Microsoftは2022年2月1日までAttractとOnboardの重大なバグに対処するが、新しい機能が追加されることはない。

 LinkedIn Talent Hubは人材獲得、管理、採用のための採用管理システム(ATS)だ。中核的なLinkedInのネットワークに基づいて構築されている。

 Microsoftは、人材管理(HCM)製品Dynamics 365 Talentを2017年7月に公開した。その際、LinkedIn Recruiterも統合されるとしていた。

 Microsoftは6日の別のブログ記事でも、Dynamics 365 Human Resources製品に今後追加される機能について説明している。

 Microsoftは2016年にLinkedInを262億ドルで買収した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]