Linux向け「Microsoft Teams」、パブリックプレビュー版リリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2019-12-11 11:18

 Microsoftは米国時間12月10日、かねてより約束していた、Linux上で動作する「Microsoft Teams」クライアントのパブリックプレビュー版をリリースしたと発表した。このプレビュー版は、.deb形式または.rpm形式で同日からダウンロード可能となっている。同社によると、LinuxユーザーはTeamsの中核機能すべてを利用できるという。

Microsoft Teams
提供:Microsoft

 Microsoftは同社のブログへの投稿で、「Teamsクライアントは、Linuxデスクトップ上で利用可能になった最初の『Microsoft 365』アプリだ」としている。顧客からの要望を見れば、Linuxで「OneDrive」を利用可能になることにも期待したい。筆者は「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」といった、Officeの中核アプリがLinux向けに提供されるかどうかということについて広報担当者に確認した。しかし、Linux上で「Office 365」を利用したいと望んでいる顧客は数多くいるようだ。

 Microsoftの広報担当者は、どのOfficeアプリが今後Linuxで利用できるようになるかということについて、「共有できる情報はない」と述べた。

 Microsoftはこれまでに、「Windows」や「macOS」「iOS」「Android」といったOSやウェブ向けのTeamsを提供している。競合サービスのSlackにもLinux用のクライアントがある。

 一部のMicrosoftの顧客は、Linux向けのTeamsクライアントをプライベートプレビューで数カ月間利用していたとMicrosoftは述べた。

 Microsoftの関係者は9月、TeamsのLinux用クライアントの開発に「取り組んでいる」ことを明らかにしていた。TeamsのLinux用クライアントは、2016年ごろから「UserVoice」で要望があった。Teams for Linuxは、TeamsのUserVoiceサイトで最もリクエストの多いものの1つとなっていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「ゼロトラスト」はもはや時代遅れ? 安全なアクセスを可能にする「ZTNA 2.0」実現方法を解説

  2. クラウド基盤

    苦節10年、Microsoft がようやくたどり着いた ユーザーのための最新ハイブリッドクラウド

  3. セキュリティ

    最適なゼロトラスト移行アプローチに役立つ、NIST/CISAの「ゼロトラスト成熟度モデル」を解説

  4. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  5. セキュリティ

    2023年版グローバル脅威レポート--サイバー攻撃の手口とレジリエンスを高めるポイントを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]