編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

新「Microsoft Edge」は自動更新で配信、ブロックツールも提供--Addonsストア申請受付も開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-12-18 12:33

 Microsoftは、新しい「Chromium」ベースの「Edge」ブラウザーを米国時間2020年1月15日に一般リリースするとしている。また同社は11月上旬、新しいEdgeは一般リリース日の直後から段階的に「Windows 10」に搭載される予定だと報じられた。同社は今週、新しいEdgeのWindows 10への展開に関して、さらなる詳細な情報が記載されたページへのリンクを公開している。

 Microsoftが述べているように、ChromiumベースのEdgeは今後、「Windows」OSのリリースと切り離される予定だ。Microsoftは、「Windows 10 1803」以降向けに、新しいEdgeを自動更新で配信する。

 11月に更新されたEdgeのドキュメントには、以下のように書かれている。

 「Microsoft Edgeの次期バージョンは、より頻度が高く柔軟な更新機能を備えている。ブラウザーのリリースがWindowsのメジャーリリースにバインドされていないため、Microsoft Edgeの次期バージョンがWindowsにシームレスに統合されるよう、Windowsに変更が加えられる。そのため、機能アップデートは約6週間のサイクルでリリースされる。セキュリティおよび互換性の更新プログラムは、必要に応じてリリースされる」

 新しいEdgeがインストールされ、アップデート(すでに公開されており、Edgeのドキュメンテーションに各機能アップデート向けの詳細な説明が記載されている)がWindows 10のさまざまなバージョンに適用されると、メニューのピン留めとタイル、ショートカットが旧式のEdgeから新しいエッジへと自動的に移行する。

 ghacks.netが報じたように、Microsoftは、新しいEdgeの自動配信をブロックしたい企業向けに、「Blocker Toolkit」(ブロッカーツールキット)も公開している。Blocker Toolkitは、新しいChromiumベースのEdgeの手動インストールをブロックすることはできない。

 またMicrosoftは12月16日、新しい「Microsoft Edge Addons」ストアで、開発者からの申請受け付けを開始している。開発者は「Partner Center Developer Dashboard」から拡張機能を申請できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]