編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

IoTデバイスの可視化基盤を展開--マクニカネットワークス

ZDNet Japan Staff

2020-03-09 14:07

 マクニカネットワークスは、米Forescout Technologiesとの販売代理店契約を締結した。IoT/OT(制御系技術)デバイスの可視化や管理を行うプラットフォーム「Forescout Platform」をソリューションとして提供していく。

 Forescout Platformは、IoT/OTへの対応を含めたエージェントレスの方法で企業ネットワークに接続されるIoT/OTデバイスの把握と可視化、統合的な制御や管理が行える。企業はネットワークに接続するこれらデバイスのリアルタイムな状況を把握できるようになり、コンプライアンスの準拠を促進することができるとする。

 マクニカネットワークスは今後、Forescoutの「eyeSight」「eyeSegment」「eyeControl」「eyeExtend」を含む全ソリューション製品を日本で提供していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]