編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

マイクロソフト「Azure」とシスコ、IoT配備を簡素化へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-03-06 10:24

 MicrosoftとCisco Systemsは米国時間3月3日、顧客のIoT配備の迅速化を支援するための新たな提携を発表した。この提携により、CiscoのIoTネットワーク用機器には、IoT向けのフルマネージド型クラウドサービスである「Azure IoT Hub」に直接接続するソフトウェアがあらかじめ搭載されるようになる。

 CiscoのIoTゲートウェイが「Cisco Edge Intelligence」ソフトウェアによってAzure IoT Hubとその「Device Provisioning Services」に接続されることで、デバイスの大規模なプロビジョニングと管理の簡素化が可能になる。そしてITチームと運用チームはOPC Unified Architecture(OPC UA)やModbusのような業界標準プロトコルを用いてIoT Hubへのテレメトリーデータのパイプラインを構築できるようになる。当該データがいったんIoT Hubに収容されれば、「Azure Stream Analytics」や「Azure Machine Learning」といったサービスを用いてIoTアプリケーションを開発できる。

 Microsoftはブログへの投稿に、これはAzure IoTアプリケーション開発に弾みを付ける「キックスターター」とでも言うべきものであり、顧客はAzure IoTレディーなゲートウェイを追加することで既存のCiscoネットワークを活用できるようになるとしている。

 Ciscoはブログで、他の分野でもAzure IoTとの統合を拡大していく計画だとしている。

 コンピューティングリソースやネットワーキングデバイスがより強力になる中、企業はエッジからのさらなるデータの活用を強化しようしている。Gartnerは、2025年までにエンタープライズデータの75%がエッジで生成されるようになると予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]