編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
調査

IPA調査で見る、2019年のインターネットセキュリティ意識--脅威の認知度

ZDNet Japan Staff

2020-03-17 06:00

 情報処理推進機構(IPA)は、毎年インターネット利用者を対象にした「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」を実施し、その結果からは興味深い動向が見てとれる。2019年12月に行われた最新調査の結果から、今回はOSの利用状況やサイバー攻撃の理解度などの状況をピックアップしてみたい。

 この調査は、13歳以上でPCおよびスマートデバイス(スマートフォンやタブレット端末)のインターネット利用者を対象に、ウェブでアンケートを行い、それぞれ5000人の回答者の傾向を分析している。

OSの利用状況

 OSの利用状況についてPCは、Windows 10が64.7%で最も高く、Windows 7が14.4%、Windows 8/8.1が9.2%、Mac OSが4.2%だった。職業別に見ると、経営者/役員ではWindows 7とMac OSの利用率が全体平均より高く、特にWindows 7は平均より約7ポイント高く、全ての職業の中でも最多だった。Mac OSの利用率が平均より高いのは、専門職(6.0%)や自営業/自由業(8.0%)だった。

 スマートデバイスは、iOSが46.2%、Androidが48.2%で、2つのOSに大別される傾向に変化は見られなかった。

PC利用者の職業別ににおけるOSの状況(出典:IPA) PC利用者の職業別ににおけるOSの状況(出典:IPA)
※クリックすると拡大画像が見られます
スマートデバイス利用者のOSの状況。一部抜粋(出典:IPA) スマートデバイス利用者のOSの状況。一部抜粋(出典:IPA)
※クリックすると拡大画像が見られます

攻撃や脅威の認知度

 インターネット上の攻撃や脅威の認知度は、PCおよびスマートデバイスとも80%を超えたのが「フィッシング詐欺」「ワンクリック請求」だった。最も低いのは「セクストーション(性的脅迫)」で、いずれも3割台にとどまっている。

 また、PCとスマートデバイスで認知度に10ポイント近い差があったのは「セキュリティホール(脆弱性)」「マルウェア」「ランサムウェア」で、いずれもPCよりスマートデバイスの利用者の方が認知度は低い。

PC利用者の攻撃や脅威の認知度(出典:IPA) PC利用者の攻撃や脅威の認知度(出典:IPA)
※クリックすると拡大画像が見られます

 前回2018年の調査結果で比較すると、PC利用者のセクストーションの認知度が微増した以外は、ほぼ全ての攻撃・脅威に対する認知度が減少した。

セキュリティ情報の入手

 攻撃や脅威に関する情報の入手については、PCおよびスマートデバイスとも「特にない」が最も多く、4割以上だった。2018年と比較してPC利用者では10.4ポイント、スマートデバイス利用者では6.1ポイント上昇している。

 入手している利用者の手段では「ニュースサイト」が最も高く、ともに3割以上だった。以下は、いずれも「セキュリティベンダーのウェブサイト」「セキュリティ専門家のブログ・SNS」となっている。ただ、ほとんどの手段において情報を入手する利用者は2018年より減少している。

PC利用者のセキュリティ情報の入手状況(出典:IPA) PC利用者のセキュリティ情報の入手状況(出典:IPA)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]