編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「リスクの増大につながる」従来VPNの短所を克服できるというZscalerの勘所

阿久津良和

2020-04-08 07:00

 Zscaler(ゼットスケーラー)は4月7日、オンラインで記者説明会を開催。クラウドからセキュリティ保護を提供することで、従来型のセキュアウェブゲートウェイにまつわるコストを解消する「Zscaler Internet Access」(ZIA)とクラウド型リモートアクセスサービスの「Zscaler Private Access」(ZPA)を改めてアピールした。

 同社のサービスはクラウドで提供される。ZIAはサンドボックスやファイアウォール、コンテンツフィルタリングやURLフィルタリング、データ損失防止(DLP)、クラウドアクセスサービスブローカー(CASB)などの機能を提供。ZPAはユーザーやアプリケーションを中心にしたアプローチがベース、個々のデバイスとアプリケーションの間にセキュアセグメントを作成して、許可されたユーザーだけが特定のプライベートアプリケーションにアクセスできるようにする。ユーザーのネットワークアクセスや水平方向の移動が発生しないとしている。

 昨今の新型コロナウイルス流行に伴って、リモートワーク/テレワーク利用者は増加し、企業はセキュリティ対策に苦慮している。このような背景から、Zscalerのようなセキュリティサービスは注目されている。

 2020年1月から現在までのZPAトラフィック量はグローバルで8倍、日本は2倍に増加している(中国は12倍、韓国は6倍、欧州は5倍増)。ZPAユーザー数も増加傾向にあり、とあるグローバル流通業社の社内ユーザー数は米国時間2020年3月9日から3月16日の1週間で5000人から2万人へ、某多国籍企業も2週間で8000人増、合計3万人が利用している。

 米本社のグローバルの最高情報セキュリティ責任者(CISO)を務めるStan Lowe氏は「Zscalerは短時間で何千人規模にロールアウトできる。伝統的なVPNをロールアウトする場合、数カ月を要しただろう。企業はリモートワークと将来的なオペレーションをサポートするため、クラウドに移行しなければならない」と語る。

 従来型VPNが個々のユーザーやデバイスをネットワーク上のセキュリティ境界の外から安全にアクセスできる環境を実現してきた、と一定の評価を下しつつ、Lowe氏は「VPNを利用するユーザーのフラストレーションやビジネスリスクの増大につながる」と指摘する。

 その上で「われわれがよく用いるのは、DVDをクラウドに積み上げて、Netflixのようなストリーミングサービスを作るということ」(Lowe氏)と従来型VPNが新旧の技術を組み合わせ、各所に食い違いが発生していると指し示した。

Zscalerが提唱するクラウド型テレワーク環境(出典:Zscaler) Zscalerが提唱するクラウド型テレワーク環境(出典:Zscaler)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]