分散させずに一元管理--BCPを見据えたテレワークに必要な4要素 - (page 3)

中沢仁 (ゾーホージャパン)

2020-05-12 06:30

 また、社外のメンバーが参加可能な製品の中には、見積書や発注書を発行する機能を搭載しているものもあります。プロジェクトやタスクごとに必要な情報を一元的にみることができるプロジェクト管理システムは、複数の業務を一台のPCだけで同時に進行させなければならないテレワーク環境に有効な機能といえます。

中長期的な事業継続を考える

 現在テレワークに関しては、PCの買い換えやセキュリティツールの変更、ネットワークの強化やオンラインストレージへの移行など、解決方法の一部にしか過ぎない情報が多数発信されています。

 しかし今重要なことは、ビジネスの停滞を食い止めるための緊急時対応を素早く実現しながら、これまで述べてきたテレワーク導入の4つの要素を検討することで、今後を見据えた中長期的な事業継続につながる本格的なテレワークを計画することではないでしょうか。

中沢仁
ゾーホージャパン Zoho事業部 事業部長
国内独立系ソフトウェアベンダー(ISV)で中堅中小企業と大企業を対象に10年間従事。2010年、ゾーホージャパン入社。Zoho.comサービスの日本国内での啓蒙と販売に従事

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]