編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ユーアイパス、プロセスマイニングなど新製品を販売--クラウド版は東京リージョンで提供

藤本和彦 (編集部)

2020-05-28 07:00

 RPA(ロボティックプロセスオートメーション)ツールを展開するUiPathは5月27日、新製品のオンライン発表会を開催。プロセスマイニング製品「UiPath Process Mining」、コラボレーション製品「UiPath Automaton Hub」、ソフトウェアロボット開発製品「UiPath StudioX」の販売を開始した。また、RPA管理ソフト「UiPath Orchestrator」のSaaS版も提供を開始した。

今回発表された新製品 今回発表された新製品
※クリックすると拡大画像が見られます

 Process Miningは、業務のボトルネックとなるプロセスを発見して自動化を図るためのツールになる。業務システムのログデータなどを収集・分析することで、RPAに最適な業務の可視化を支援する。2019年に買収したProcessGoldのソリューションを正式に統合した形になる。

UiPath Process Miningが対応する業務システム UiPath Process Miningが対応する業務システム
※クリックすると拡大画像が見られます

 Automaton Hubは、ソフトウェアロボットの開発者とユーザーをつなぐ企業内コラボレーションツール。ユーザーから上がってくる業務自動化のアイデアを集約・管理でき、賛成投票などを通じてRPA化のニーズや優先順位を可視化できる。これまで、業務自動化の案件や開発に必要なドキュメント類が部署ごとに管理され、アイデアがあってもRPAを統括して管理・開発する部署にその要望がうまく伝わらないという課題があった。そうした問題に対応するため、社内の自動化案件を一括で管理できる環境を用意した。また、自動化への貢献度を示すリーダーボードや会社全体の自動化の状況を示すダッシュボードもあり、全社におけるRPAの浸透度を測ることができる。

 UiPath StudioXは、従来の「UiPath Studio」をよりシンプルかつ簡単・手軽に使えるように、必要な機能だけに絞ったRPA開発ツール。プログラミングの知識が不要で短時間の学習で開発ができるソリューションという。RPAを推進するCoE(Center of Excellence)やRPA開発者だけでなく、現場のビジネスユーザーが日常の業務の中で自動化に取り組めるようになっている。

 Studioで作成した共通部品をライブラリー化することで、StudioXで再利用することも可能だという。また、ベストプラクティスをまとめたStudioX用のテンプレートが無償で提供され、どんな自動化ができるのかを実際に動かしながら体感することができる。

新製品の位置付け 新製品の位置付け
※クリックすると拡大画像が見られます

 代表取締役CEO(最高経営責任者)の長谷川康一氏によると、同社の2020年のフォーカスは「クラウド化」にあるという。その取り組みの一環として「UiPath Automation Cloud」が東京リージョンのデータセンターで稼働した。サービスの第1弾としてUiPath OrchestratorのSaaS版が利用可能になる。

UiPath Orchestratorの提供が開始される UiPath Orchestratorの提供が開始される
※クリックすると拡大画像が見られます

 SaaS版Orchestratorは、オンプレミス版よりも少ない工数でクラウドでも利用できるようにしたもの。ライセンスの権限管理やロボットの稼働状況、エラー発生状況の把握などの管理機能が一つになったツールになる。接続端末数に応じたライセンス体系になっており、少数でも利用しやすくなっている。社内外を問わずロボットのスケジュール管理が可能で、高可用性を実現する冗長構成をとっている。

 新型コロナウイルスが世界的な流行について、長谷川氏はオンライン会見で「安全と経済を両立させないといけない難しい状況にある。だが、コロナの局面を変革の機会として捉えれば、今の危機意識が根本的な発想の転換を可能にする。紙を必要とする商習慣や印鑑が必要な契約形態など、過去のしがらみを超えて、RPAやAI(人工知能)などのデジタル技術を使った次世代の業務を作っていく必要がある。UiPathは“A Robot for Every Person”を掲げ、コロナとともに生きる新しい働き方を支援していく」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]