マイクロソフト、IoTセキュリティのCyberXを買収へ

Mary Jo Foley (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-23 11:34

 Microsoftは米国時間6月22日、IoTのセキュリティを手がけるCyberXを買収すると発表した。買収額は明らかにされていない。Microsoftは自社のIoTセキュリティ製品群にCyberXの製品やテクノロジーを統合していく計画だという。

CyberX
提供:CyberX

 Microsoftによると、顧客はCyberXのテクノロジーを用いることで既存のIoT資産を可視化し、それらの機器の管理やセキュリティを強化できるようになる。また、顧客は工場内やビル内の膨大な数の機器を把握するためのデジタルマップを見ることができるようになるため、セキュリティの状況や接続性を監視可能になるという。

 Microsoftによると、CyberXのテクノロジーはITと運用テクノロジー(OT)のコンバージドネットワークをまたがって発生する可能性がある脅威の検知を支援することで、「Microsoft Azure IoT」サービスや「Azure Sentinel」といった製品を補完するという。

 CyberXはマサチューセッツ州ウォルサムを拠点としており、2013年に創業された。これまでにも、同社のIoTセキュリティプラットフォームは、「Azure Security Center for IoT」と連携している。

 Microsoftは2018年、IoT事業に4年間で50億ドル(約5300億円)を投資する計画を明らかにした。今回の買収はその一環となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]