編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

DNP、データ活用基盤に「Denodo Platform」導入--データ仮想化で企業のDX推進を支援

藤本和彦 (編集部)

2020-07-16 11:30

 大日本印刷(DNP)は、自社のデータ活用基盤サービス「DNPマーケティングクラウド」にDenodo Technologiesのデータ仮想化基盤「Denodo Platform」を導入した。Denodoが7月16日に発表した。

 DNPマーケティングクラウドは、マーケティング担当者向けのデータ活用プラットフォームで、顧客に関するさまざまなデータを統合的に管理する。MA(マーケティングオートメーション)ツールとの連携も可能で、個人に最適化されたダイレクトメールや動画などを配信する機能も備えている。

 今回、DNPマーケティングクラウド上でデータをためるデータレイク機能にDenodo Platformを導入した。Denodo Platformは、企業内に散在するデータリソースを抽象化することで、データの統合を容易にするデータ仮想化基盤。データ統合、データ抽象化、リアルタイムデータサービスといった機能を従来手法の半分の費用で提供するという。

 DNPでは、データ仮想化を活用することで、物理的なデータウェアハウス(DWH)を作ることなくデータを蓄積できる環境を構築。同クラウドのユーザー企業は社内のデータを物理的に複製することなく、必要な項目のみを参照できるようになった。これによってデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業のデータ活用を支援する。

 同社は今後、Denodo Platformを使ってデータプレパレーションやビジネスインテリジェンス(BI)、MAとのシームレスな組み合わせを可能にし、企業の顧客や生活者に対する顧客体験の価値提供に向けたデータ活用を支援していくとしている。

DNPマーケティングクラウドにおけるDenodo Platformの位置付け(出典:Denodo Technologies)
DNPマーケティングクラウドにおけるDenodo Platformの位置付け(出典:Denodo Technologies)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]