編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
トップインタビュー

Google CloudのCEOが語るコロナ禍、競合、新製品

末岡洋子

2020-07-17 06:00

 Googleのパブリッククラウド事業Google Cloudが、6月14日から年次イベントのオンライン版「Google Next 20: OnAir」を開催している。イベントに合わせてGoogle Cloudを率いる最高経営責任者(CEO)のThomas Kurian氏がグループ取材に応じ、新型コロナウイス感染症への対応、新製品、競合について語った。

 新型コロナウイルス感染症ではデジタル化のニーズが急増した。Google Cloudはどのように対応したのかーーKurian氏は、「企業が直面している課題へのソリューションを提供するモデルをとった」と述べる。例はテレワークに止まらない。製造業向けでは、作業員が距離を取らなければならない事態を受けて、イメージ処理を用いた検品ソリューション「Visual Quality Inspection」を用意した。

Google Cloud 最高経営責任者(CEO)のThomas Kurian氏
Google Cloud 最高経営責任者(CEO)のThomas Kurian氏

 「技術をパッケージしてすぐに実装できるソリューションにした。また、キャパシティープランニングなどのツールを通じて、すぐにワークロードを移行させて拡張できるように支援した。そして、パートナーとの協業で迅速な実装を進めた」とKurian氏は述べている。

 今週オンラインでスタートした年次イベントのデジタル版「Google Next 20: OnAir」では、データとアナリティクス分野で「Big Query Omni」を発表、セキュリティでは「Confidential Computing」をローンチした。

 Big Query Omniは、Googleの Anthos技術を活用することで、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなど、Google Cloudではないクラウドにあるデータに対してもアクセスとアナリティクスが可能になる。「どのクラウドにデータを保存・管理しているかに関係なく、一箇所でアナリティクスを行うことができる」とKurian氏はメリットを語る。

 Confidential Computingは、エンドツーエンド暗号化を実現するもので、保存時や転送時に加えて処理時も暗号化を行うというものだ。「機密扱いの情報や規制のある業界で強いニーズがある」とKurian氏。セキュリティでは、規制に準拠した形でワークロードを実行できる「Assured Workloads for Government」も発表している。

 加えて生産性スイート「G Suite」では、「G Suite Hub」を発表した。メール、チャット、音声通話、ビデオ会議などのコミュニケーション、コラボレーションの管理を一カ所で行うことができるという。

 MicrosoftのOffice 365との競合について聞いたところ、Kurian氏は、G Suiteのフォーカスを「コミュニケーションとコラボレーションを簡単に、容易にすること」と述べ、3つのポイントをあげた。

 1つ目はさまざまなコミュニケーション方式のサポートとコラボレーションの統合、2つ目は情報を簡単に見つけ、管理できるようにすること、そして3つ目は「最前線のスタッフへのフォーカス」だ。「看護師、小売の接客担当などはこれまでコラボレーションの中心ではなかった。だが現在、誰もがスマートフォンを手にしている。Googleはコラボレーションをこれまでの枠から拡大し、プロフェッショナル/オフィスワーカーだけでなく、最前線のスタッフも利用できるようにする」とKurian氏。G Suite Hubはデスクトップ/ウェブだけでなく、モバイルでも利用できる。

 コロナ禍では、ビデオ会議も「Google Meet」へとリニューアルした。Googleは4月時点で、「30億分のビデオ会議をホスティングしており、毎日300万人の新規ユーザーが加わっている」「1日の参加者数は1億人以上」などの数字を発表しており、G Suiteの有料顧客は2019年2月時の500万社から600万社に増えたことも報告している。

 「毎日20億人が(G Suiteを)使っている。企業からの関心は増えており、実際に成長している」とKurian氏は述べた。

 クラウド全体の競合については、インフラ側ではリージョンやゾーンの拡大と海底ケーブルによる低遅延そしてAnthosを通じたマルチクラウド戦略などを差別化に挙げた。

 強みとしてきたデータアナリティクスでは、Kurian氏は大規模なアナリティクス処理などに触れながら、「顧客やアナリストから、機械学習機能では業界最高と位置付けられている」と胸を張った。「機械学習を使った業界別ソリューションも強みだ」とKurian氏、そして会期中発表したVerizonの事例を取り上げた。

 Verizonのコンタクトセンターはコロナ禍で問い合わせが急増し、スタッフがこれまでのように作業ができないという“ダブルパンチ”状態だったが、「Contact Center AI」を導入、自然言語認識とバーチャルエージェント技術を利用して、顧客からの電話に応じ、質問に答えることができる体制を整えた。「コンタクトセンターの作業を軽減すると同時に対応時間も短縮できた。顧客の満足度も改善している」とKurian氏。

 Googleの一部であることで、Google AdsやGoogle MapsなどGoogleの他の製品との密な統合も強みのようだ。「物流企業がGoogle Cloudでアナリティクスを利用してGoogle Mapsをルーティングに使ったり、Google Cloudを使って顧客セグメント、在庫と需要プランニングを行い、Google Adsを使って得られた分析を利用したオファーをしたりするなどのことが可能だ」とKurian氏は述べた。

 また、Googleが自社で使うために開発した技術を、他の企業が利用できるようにクラウドサービスにできる点もメリットだとKurian氏。例として、Googleが自社内で使う分析ツールとして開発したものをクラウドサービスにした「Big Query」を挙げた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]