編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

凸版印刷、イベント向け感染症対策サービスを提供--感染情報の配信など

NO BUDGET

2020-07-21 14:27

 凸版印刷は、新型コロナウイルス感染症拡大抑止策として、イベント向け感染症対策ソリューションの提供を開始した。

 このソリューションは、同社が5月から提供している、マスク着用有無や混雑検知を人工知能(AI)カメラが自動判別する「AIカメラを活用した感染症拡大抑止サービス」に、発熱検知の機能を追加した「AIカメラによるマスク装着・発熱検知・混雑検知サービス」と、イベント来場後の感染症拡大抑止を目的とした「感染発生情報のLINEを活用した配信サービス」で構成されている。

 AIカメラによるマスク装着・発熱検知・混雑検知サービスでは、イベント来場者に対しAIカメラがマスクの装着と発熱の有無を自動で判定し、未装着や発熱の場合は受付にアラートを表示する。判定はAWLと協業し、AIカメラを活用した画像解析で実施する。トッパン小石川ビルで4月24日〜5月7日に実施した、入場者のマスク着用有無をAIカメラで自動判別する実証実験では、通行人のうち99.3%検知できたという。

AIカメラによるマスク装着・発熱検知・混雑検知サービスの概要(出典:凸版印刷)
AIカメラによるマスク装着・発熱検知・混雑検知サービスの概要(出典:凸版印刷)

 感染発生情報のLINEを活用した配信サービスでは、イベント会場に設置されているポスターや掲示物上のQRコードをスキャンするとLINE公式アカウントを友だち登録でき、感染が発生した際にイベント主催者から一斉に感染情報を配信することが可能となる。これにより、イベント会場で個人情報を扱うことなく来場者に感染情報を伝達できるようになる。凸版印刷は、自社が培ってきたデジタルマーケティング事業の知見を基に、導入事業者のアカウント立ち上げから配信作業などの運用まで一貫して支援するという。

感染発生情報のLINEを活用した配信サービスの概要(出典:凸版印刷)
感染発生情報のLINEを活用した配信サービスの概要(出典:凸版印刷)

 利用価格は、AIカメラによるマスク装着・発熱検知・混雑検知サービスが初期費用110万円から、月額の運用費用が3万3000円から。感染発生情報のLINEを活用した配信サービスは、初期費用が100万円からで、感染発生時の配信費用は別途見積もり。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]