編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
海外コメンタリー

Javaが誕生した25年前--1995年に登場、台頭したテクノロジーを振り返る - 7/11

Jonathan Greig (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2020-08-23 08:30

SSL

 Sharples氏によれば、SSLはNetscapeが1994年に開発した技術としてスタートした。1995年にSSL 3.0が公開されている。

 「SSLがある意味で今でも生き残っている本当の理由は、この技術が標準化されたからだ。SSLは標準化されてTLS(Transport Layer Security)になり、基本的に業界全体がこの技術を利用しなければならなくなった。ブラウザーの開発者やウェブサーバーの開発者、コンテンツサーバーなどは、すべて同じ標準を使用しなければならなかった。なぜなら、それがウェブを機能させるための唯一の方法だったからだ」とSharples氏は言う。 

 「私たちは今、量子暗号や、128ビットの暗号を容易に破る可能性などによって、大きな岐路に立っている。SSLは長い歴史を持つ頼りになる技術だが、今後5年間でその存在が大きく揺らぐ可能性がある。今後は他の技術に取って代わられるかもしれない」

SSL

 Sharples氏によれば、SSLはNetscapeが1994年に開発した技術としてスタートした。1995年にSSL 3.0が公開されている。

 「SSLがある意味で今でも生き残っている本当の理由は、この技術が標準化されたからだ。SSLは標準化されてTLS(Transport Layer Security)になり、基本的に業界全体がこの技術を利用しなければならなくなった。ブラウザーの開発者やウェブサーバーの開発者、コンテンツサーバーなどは、すべて同じ標準を使用しなければならなかった。なぜなら、それがウェブを機能させるための唯一の方法だったからだ」とSharples氏は言う。

 「私たちは今、量子暗号や、128ビットの暗号を容易に破る可能性などによって、大きな岐路に立っている。SSLは長い歴史を持つ頼りになる技術だが、今後5年間でその存在が大きく揺らぐ可能性がある。今後は他の技術に取って代わられるかもしれない」

提供:Shutterstock

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]