編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
海外コメンタリー

Javaが誕生した25年前--1995年に登場、台頭したテクノロジーを振り返る - 4/11

Jonathan Greig (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2020-08-23 08:30

Internet Explorer

 「Chrome」や「Firefox」、「Safari」で育った現代のインターネットユーザーの多くは、かつて「Internet Explorer」が世界中のブラウザーのデファクトスタンダードだったことを知らないかもしれない。その台頭のきっかけになった特徴の1つは、衰退の原因にもなった。

 Sharples氏は、「私はウェブが生まれたときからのウェブギークで、これまでのブラウザー戦争をすべて経験してきた。Internet Explorerが成功したのは、必ずしも技術的に優れていたからではなく、当時主流だったデスクトップOSである『Windows 95』に付属していたからだ。このブラウザーが市場シェアの95%を占めていた時期もある。しかしそれから25年経った今は、ほぼ存在さえしていない」と語った。

 同氏の説明によれば、Internet Explorerの衰退は、Microsoftがブラウザー市場を独占しようとしているとして政府から訴訟され、敗訴したときから徐々に始まったという。 

 「Internet Explorerがその地位を失ったのは大きな出来事だった。それが起こったのは、Microsoftが抱き合わせ販売によって作り上げた偽りの独占が、訴訟を受けて不可能になったためだ。ChromeやFirefoxなどのブラウザーは無料だったため、切り替えのコストは小さかった。消費者も、ウェブ開発者も、あまり多くのブラウザーに対応することはできない。おそらく2種類か3種類の余地があり、最近では2種類かもしれない」とSharples氏は述べている。

 Microsoftは2016年にInternet Explorerの多くのバージョンのサポートを終了している。

Internet Explorer

 「Chrome」や「Firefox」、「Safari」で育った現代のインターネットユーザーの多くは、かつて「Internet Explorer」が世界中のブラウザーのデファクトスタンダードだったことを知らないかもしれない。その台頭のきっかけになった特徴の1つは、衰退の原因にもなった。

 Sharples氏は、「私はウェブが生まれたときからのウェブギークで、これまでのブラウザー戦争をすべて経験してきた。Internet Explorerが成功したのは、必ずしも技術的に優れていたからではなく、当時主流だったデスクトップOSである『Windows 95』に付属していたからだ。このブラウザーが市場シェアの95%を占めていた時期もある。しかしそれから25年経った今は、ほぼ存在さえしていない」と語った。

 同氏の説明によれば、Internet Explorerの衰退は、Microsoftがブラウザー市場を独占しようとしているとして政府から訴訟され、敗訴したときから徐々に始まったという。

 「Internet Explorerがその地位を失ったのは大きな出来事だった。それが起こったのは、Microsoftが抱き合わせ販売によって作り上げた偽りの独占が、訴訟を受けて不可能になったためだ。ChromeやFirefoxなどのブラウザーは無料だったため、切り替えのコストは小さかった。消費者も、ウェブ開発者も、あまり多くのブラウザーに対応することはできない。おそらく2種類か3種類の余地があり、最近では2種類かもしれない」とSharples氏は述べている。

 Microsoftは2016年にInternet Explorerの多くのバージョンのサポートを終了している。

提供:Shutterstock

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]