編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

レイクサイド、「SysTrack」の課題別日本語ダッシュボードを提供

NO BUDGET

2020-09-03 11:08

 Lakeside Software Japanは9月1日、モニタリングツール「SysTrack」において、システム運用とIT課題に合わせた課題別日本語ダッシュボードの提供を開始した。

 SysTrackはエンドポイントからユーザー操作とシステム性能のデータを直接収集し、その関連性を分析するツール。IT部門はSysTrackによってエンドユーザーを起点にユーザーエクスペリエンス(UX)の監視、分析、最適化を行うことで、IT活用の重要な4つの分野である「UX管理」「IT資産の最適化」「AIOps(人工知能を使うシステム運用管理)」「デスクトップトランスフォーメーションの改善」を可能にするとする。

 このダッシュボードでは「VDIモニタリング」と「働き方見える化」のスターターキットを用意。最大1000ユーザーで30日間、無償で利用できる。

 VDIモニタリングでは、VDI管理に必要なユーザー使用感の変化、利用量の変化、その他性能の変化を見極めるための必要な情報を提供。働き方見える化では、いつ誰がどのアプリケーションを利用し、どのウェブサイトにアクセスしたかを可視化し、グループ全体とグループメンバーのIT利用状況を確認するワークフローを提供する。

 スターターキットは、「SysTrac Cloud Edition」の利用を想定しており、オンプレミス環境での利用は別途相談となっている。

 同ダッシュボードでは、「ターミナルサーバー モニタリング」の機能も9月中旬に提供する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]