編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

クラウドデータウェアハウスのSnowflake、上場初日の株価が急騰

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-09-17 11:46

 クラウドベースのデータウェアハウス(DWH)とデータ管理を手掛けるSnowflakeが米国時間9月16日、米ソフトウェア業界で過去最大規模とされる株式新規公開(IPO)を実施した。IPO時の公募価格(15日夕方時点)は120ドル(約1万2600円)だったが、取引初日から株価は急騰し、最高値は319ドル(約3万3500円)に達した。

 16日の終値は253.93ドル(約2万6700円)となり、時価総額は700億ドル(約7兆3500億円)近くに達した。

 Warren Buffett氏率いるBerkshire Hathawayも投資するSnowflakeの公募価格は、1株あたり100〜110ドル(約1万500〜1万2600円)という予想を大きく上回った。Berkshire Hathawayはさらに、セカンダリー投資で現在の株主から404万2043株を提示価格で買い付けることにも同意した。

 Snowflakeは2800万株を売り出しているため、IPOによって34億ドル(約3570億円)近くを調達することになる。120ドルという株価で見た場合、Snowflakeの時価総額は300億ドル(約3兆1500億円)を優に超えるものとなる。

 取引は1株245ドル(約2万5700円)で開始され、ボラティリティーによって一時的に取引が停止される前には319ドル(約3万3500円)を付けていた。開始価格の245ドルでの時価総額は、600億ドル(約6兆3020億円)を上回っていた。

 Snowflakeはニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した企業のうちで、最も時価総額の高いソフトウェア新興企業となった。

 Snowflakeは複数のデータウェアハウスプロバイダーと競合しているが、創業から8年で大きな成功を収めた。Snowflakeは大規模なデータをリアルタイムで生成、処理、分析する手段を企業に提供している。

 Snowflakeは、7月31日までの半年の売上高が前年比133%増の2億4200万ドル(約250億円)だったと報告した。7月31日時点で顧客数は3117となっている。同社は力強い成長を見せているものの、同じ半年で1億7130万ドル(約180億円)、通年で3億4850万ドル(約370億円)の損失を計上している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]