編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

富士通、ファナック、NTT Comが製造業のDXを支援する新会社設立--業界全体の変革進める

大場みのり (編集部)

2020-10-08 10:57

 富士通、ファナック、NTTコミュニケ―ションズ(NTT Com)は10月7日、新会社「DUCNET(ディーユーシーネット)」を設立すると発表した。新会社は、工作機械業界をはじめとする製造業のDX(デジタル変革)を支援する場をクラウドで提供する。3社は同日、説明会を開催した。

(左から)NTT Com 取締役 西川英孝氏、富士通 COLMINA事業本部 戦略企画統括部 シニアディレクター 田中隆之氏、ファナック 取締役副社長執行役員 兼 CISO 齊藤裕氏、富士通 理事 藤原克己氏(出典:富士通、ファナック、NTT Com)
(左から)NTT Com 取締役 西川英孝氏、富士通 COLMINA事業本部 戦略企画統括部 シニアディレクター 田中隆之氏、ファナック 取締役副社長執行役員 兼 CISO 齊藤裕氏、富士通 理事 藤原克己氏(出典:富士通、ファナック、NTT Com)

 新会社設立の背景について、富士通 理事の藤原克己氏は「製造業、特に工場現場のDXが進んでいないという課題があるが、個社単位での対策やシステム投資には限界がある。そこで特に中堅/中小の製造業に対し、DUCNETの基盤を活用しながら業界全体で共通利用化を進めていく。ニューノーマルの時代において、こうした基盤が出現することは、ある意味必然だと考えている」と説明。

 「DUCNETでは、富士通、ファナック、NTT Comが各社の強みを持ち寄り、製造業全体の持続可能性に貢献していく。製造業のDXを通して、いろいろな船に明かりをともす『灯台』のような存在(Lighthouse Company)を目指している」と同氏は語った。

(出典:富士通、ファナック、NTT Com)
(出典:富士通、ファナック、NTT Com)

 DUCNETの代表者は、富士通 COLMINA事業本部 戦略企画統括部 シニアディレクターの田中隆之氏が務め、設立時点での従業員数は7人。資本金は2億5000万円で、出資比率は富士通が40%、ファナックとNTT Com がそれぞれ30%だという。2020年11月の会社設立と事業開始を予定。3社は2018年夏頃、新会社設立について協議を開始し、2019年9月にはJV(ジョイントベンチャー)構想を発表していた。

 これまで製造業の企業は、個別にシステムを導入したり、新しいビジネスを考えたりしてきたという。一方DUCNETでは、製造業全体に対して各社のDXや新たなデジタルビジネスを支援する場を提供し、エコシステムの構築を目指している。同社は、製造業のデジタル化を加速するクラウドサービス「デジタルユーテリティクラウド」を基に、自社業務の効率化、新しい市場への参画、コロナ禍における働き方改革などを推進していく。DUCNETという社名には、デジタルユーテリティクラウド(DUC)を活用して、つながる(NET)という思いが込められているという。

(出典:富士通、ファナック、NTT Com)
(出典:富士通、ファナック、NTT Com)

 この取り組みを支える柱として、3つの事業がある。1つ目は「安心安全なプラットフォーム」。クラウド上に企業ごとの独立したテナントを提供し、利用者は、DUCNETが構築したシステムをテナントで使うことができる。加えて、ゼロトラストを実現したデータ管理や、参加企業が自社用のサービスを実装できる環境も用意するという。

 2つ目は「DXを支えるシェアードサービス」。機械メーカーや商社がコミュニケーションやデータ共有を行うための基本機能を提供する。また、そのやりとりの中で蓄積されたデータやコミュニケーションのログを検索エンジンを通して活用できる基盤を用意。加えて、IoTを活用して設備データを一括管理するツールを提供する。

 3つ目は「提供者と利用者のマッチングを促すEC(電子商取引)」。利用者から代金を回収する決済代行サービスや、サブスクリプションを可能にする仕組み、自社でECを設けられない顧客向けのマーケットプレイスを用意する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]