編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

「Linux 5.10」リリース、LTS版

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-15 14:07

 Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏は、Linuxカーネルのバージョン5.10をリリースしたと発表した。このバージョンには複数のドライバーのアップデートが含まれている。

Linus Torvalds
Linus Torvalds氏
提供:Linus Torvalds/TED/YouTube

 Linux 5.10は最新の長期サポート(LTS)リリースであり、少なくとも2年間はサポートされる。LTSバージョンは、最終的に6年間サポートされることになる場合もある。

 LTSリリースが重要なのは、サポート期間中は重大なパッチがバックポートされることになっており、デバイス開発者が長期間にわたってセキュリティパッチが適用されたカーネルを利用できることだ。

 今回のバージョンには、LTSであることを除いては特別な点はない。ただしTorvalds氏によれば、ネットワーキングやアーキテクチャー、ファイルシステム、ツールなどに対する少数の修正が含まれているという。

 「ゾッとするようなものはない。多くのパッチは非常に小さなもので、最大のものは、ピン制御ドライバーのピンのマッピング定義を修正していることだ」と同氏は述べている。

 「(最後の週には)かなりの修正が行われ、問題が修正されなかったため土壇場で元に戻したものもいくつかあったが、『もう1週間必要だ』と思うようなものはなかった」

 今回のアップデートは、北半球の多くの地域がコロナ禍の影響を受けている中、2020年のホリデーシーズンを目の前に控えたタイミングでリリースされた。

 Torvalds氏はこの状況を踏まえて、バージョン5.11については、直前になってから舞い込んでくる修正項目に対して少し厳しく臨むと警告している。

 「5.11のマージウィンドウに関するもっとも重要な問題は、カレンダーを見れば誰でも理解できるはずだ。実際問題として、ホリデーシーズンまでもう1週間しかなく、今は誰もが注意が散漫になっている」とTorvalds氏は述べている

 「これは、『マージウィンドウでは、マージウィンドウが始まる前に準備ができていたものを処理する』という方針を厳格に運用しなければならないということだ」

 バージョン5.11のマージウィンドウは、米国時間12月14日から始まっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]