編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

Backlogの使い方(2)--ファイルやドキュメントをチームで共有、管理する - (page 2)

鍋島理人 (Innerstudio)

2021-01-27 07:15

Backlogのファイル共有機能

 次に、ファイル機能について詳しく見ていこう。左メニューの「ファイル」をクリックすると、ファイル管理の画面が開く。

ファイル管理 ファイル管理
※クリックすると拡大画像が見られます

 フォルダ作成や、ドラッグ&ドロップによるファイルアップロードなど、一般的なファイル共有サービスに必要な機能は一通り備わっている。アップロードされたファイルは、プロジェクトに参加しているメンバー全員がアクセスしたり、検索したりできるようになる。その業務に必要なファイルをBacklogにアップロードしておけば、ファイルを探し回ることなく、必要なときにすぐ利用できるようになり、便利だ。

 共有ファイルには、それぞれの課題から直接リンクすることも可能だ。タスクに密接に関連するファイルに、課題を確認しながら直にアクセスできるようになるので、業務効率のアップにもつながるだろう。

課題から共有ファイルへのリンク 課題から共有ファイルへのリンク
※クリックすると拡大画像が見られます

 またBacklogのファイルは「WebDAV」という仕組みを使っているので、PCから直接アクセスすることも可能だ。クラウドストレージ「Google Drive」「Dropbox」などのようにデスクトップアプリは用意されていないが、WindowsであればExploler、MacであればFinderから、以下の手順で直接アクセスできる。

1)「ファイル共有をもっと便利に」に表示されているURLをコピーする

Backlogでの表示イメージ Backlogでの表示イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

A:Windowsの場合

2)エクスプローラーの「ネットワーク」を右クリックして、「ネットワークドライブの割り当て」をクリック

3)「フォルダー」に先程コピーしたURLを貼り付け、「サインイン時に再接続する」と「別の資格情報を使用して接続する」にチェックを入れ、「完了」を押す

Windowsでの表示イメージ Windowsでの表示イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

4)Backlogのログインに使用するメールアドレスとパスワードを入力

B:Macの場合

2) Finderのメニューから、「移動」→「サーバへ接続」をクリック

3)入力欄に、先程のURLを貼り付け、「接続」をクリック

4)Backlogのログインに使用するメールアドレスとパスワードを入力

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]