編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト、組織再編で1.5万人規模の"デジタル変革プラットフォーム"部門立ち上げか

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-03-22 12:23

 Microsoftは3月に入り、社内に向けて、エグゼクティブバイスプレジデントScott Guthrie氏が率いるクラウド+AIグループの内部で組織再編を行ったことを発表したという。今回の組織再編は、少なくとも部分的には、コーポレートストラテジーおよびコアサービスエンジニアリング&オペレーション担当エグゼクティブバイスプレジデントのKurt DelBene氏が6月に退職する予定であることと関連しているようだ。一方で今回の組織再編には、「Dynamics ERP」や「Dynamics CRM」、人工知能(AI)、IoT、データプラットフォーム製品などの「Microsoft Cloud」を構成する多くのピースを1つにまとめるという意味合いもあるとみられる。

Microsoft
提供:Microsoft

 筆者が知る限り、米国時間3月11日の組織再編は経費削減やレイオフの準備のためではなく、トップ人事に関するもののようだ。

 トップレベルでは、2人の主要幹部を中心にさまざまなチームを配置換えした。その2人とは、James Phillips氏とAndrew Wilson氏だ。これまでビジネスアプリケーショングループ(「Dynamics」や「Power Platform」)を率いていたJames Phillips氏は、先週時点で新しいデジタルトランスフォーメーションプラットフォームグループのプレジデントになっている。部署名に「デジタルトランスフォーメーション」が付いたほかの多くの部署とは異なり、このグループは実際に製品の開発と提供を行うようだ。Phillips氏は、「Dynamics 365」「Power Platform」「Azure AI Platform」「Azure Data Platform」「Azure IoT Platform」や、増え続けるMicrosoft Cloudの業界向けソリューションを担当する1万5000人の社員を率いる。

 Phillips氏は2012年に、当時MicrosoftのCloud and Enterprise部門のプレジデントだったSatya Nadella氏の戦略アドバイザーとして同社に入社した。それ以前は、NoSQLデーターベース企業のCouchbaseの共同創業者で最高経営責任者(CEO)を務めていた。

 Andrew Wilson氏はMicrosoft Digitalを統括するようだ。Wilson氏はAccentureの元最高情報責任者(CIO)で、その後Microsoftの最高デジタル責任者を務めていた。Microsoftは1月に、Wilson氏をコアサービスエンジニアリング部門の責任者に任命すると発表している。この部門は、同社の約17万人の従業員を支える社内ITサービス部門だという。

 Phillips氏とWilson氏の直属の上司は、どちらもGuthrie氏になる。エグゼクティブプレジデントのJason Zander氏は、引き続き「Azure」のコアインフラを統括する。AzureのPlatform as a Service(PaaS)のツールはMicrosoftのDeveloper部門に移り、コーポレートバイスプレジデントのJulia Liuson氏が統括する。Azureの開発者エクスペリエンス担当バイスプレジデント(PaaS、サーバーレス、API管理、オープンソースに対する投資などを扱う)であるGabe Monroy氏は、Liuson氏の直属だという。

 筆者がMicrosoftに組織再編のさらなる詳細について尋ねたところ、広報担当者は、再編があった事実は認めたものの、詳しい情報は明らかにしなかった。

 Microsoftは最近のイベントや業績発表カンファレンスコールで、同社は世界最大規模のパブリッククラウドプロバイダーだとする主張を明示してきたようだ。同社の主張は、「Azure」「Microsoft 365」「Dynamics 365」や、その他の「商用クラウド」の資産を1つに合わせたものに基づいている。同社は、「Microsoft Cloud」という名称の製品を持っているわけではない。しかし、今回の組織再編は、市場におけるMicrosoft Cloudの位置づけを固めるための一歩になるかもしれない(Microsoftの最近の「Ignite」カンファレンスで提示されたスライドのような形だ)。

 Microsoftはまた、DynamicsとPower Platformの事業を強化する意思を見せているようだ。そのための1つの方法が、これらの製品をMicrosoft 365や「Teams」、GitHub、IoTなどのMicrosoftのほかのサービスと統合することなのだろう。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]