海外コメンタリー

データプライバシーの未来--コンフィデンシャルコンピューティングや耐量子暗号に注目

Charlie Osborne (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-03-31 06:30

 コンフィデンシャルコンピューティング、耐量子暗号、完全準同型暗号などの技術は、単なる仮説から実用的な商用アプリケーションになりつつあり、今後はこれらの技術がデータプライバシーの未来を変えると考えられている。

 IBM Researchは3月に開催したオンラインプログラムで、これらの技術が、情報の安全な管理、暗号化、保存、送信にどのような影響を与え、未来のデータプライバシーに関するさまざまな課題をどう解決できるかについて示した。

コンフィデンシャルコンピューティング

 IBMは、約10年前からコンフィデンシャルコンピューティングに取り組んできた。この技術の背景にある考え方は、ハードウェアレベルのセキュリティ技術で、クライアントがデータと運用ワークロードの完全なプライバシーを維持し、コントロールできるようにするというものだ。

 これを実現するには、データを管理することができ、許可されたプログラムのコードからしかアクセスできず、情報をクラウドやインフラ提供者からも外部の脅威アクターからも隔離できる「セキュアエンクレーブ」(信頼できる実行環境)の実装が必要になる可能性がある。

 IBMはこの技術を、ホテルの部屋に置かれた金庫に例えている。ホテルの部屋に入るためにはキーカードが必要だが、部屋の金庫を開けるためにはさらなる認証が必要になるのと同じだというわけだ。

 IBM Cloudのバイスプレジデント兼最高技術責任者(CTO)Hillery Hunter氏によれば、すでにこの技術を使った最初の商用アプリケーションが、金融サービス産業や通信産業、医療業界向けのサービスに組み込まれているという。それらのサービスの顧客には、Daimlerや「CareKit SDK」を利用しているAppleなどが含まれる。

 IBMとAMDは11月に、コンフィデンシャルコンピューティングやハイブリッドクラウドの展開に関するパートナーシップを発表した。

 Google Cloudも、コンフィデンシャルコンピューティングの原理を利用し、仮想マシン(VM)で処理中のデータも暗号化で保護される技術を発表しており、Intelの第3世代「Xeon」スケーラブルプロセッサー「Ice Lake」も、コンフィデンシャルコンピューティングの要求に対応できるように開発されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]