セールスフォース、オフィス再開のアプローチ示す--サンフランシスコ本社は5月より

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-14 13:42

 Salesforceは、米国で最初にオフィスを再開するのは、サンフランシスコの「Salesforce Tower」で5月の予定だと明らかにした。まずワクチンを接種し、復帰を申し出た従業員がこのオフィスに戻る。従業員は2021年を通して、在宅勤務を継続できる。

 サンフランシスコオフィスのアプローチは、パロアルトとアーバインでも実施される。まず、ワクチン接種を完了し、復帰を申し出た従業員が、100人以下のグループに参加し、オフィスの指定されたフロアで働く。週に2回、オンサイトで新型コロナウイルスの検査を受けることが義務づけられる。

 その後、地域の保健当局のデータや指導に従って、オフィスを通常の定員の20~75%へと徐々に再開していく予定だ。この段階では、ワクチンを接種済みの従業員と接種していない従業員の両方を歓迎するとともに、引き続き安全性に関する手順に従い、テストを実施する。

 同社は、主にアジア太平洋地域の国々やイスラエルなどで22のオフィスを再開している。シドニーなど5つのオフィスは定員100%で稼働しているという。

 Salesforceにとって、オフィスの再開は、「Work.com」プラットフォームの強力なケーススタディとなる。同社は、再開する企業向けのベストプラクティスとプレイブックも作成している。SalesforceはWork.comを通して、新しいハイブリッドな働き方を実現するための製品スイートで、エレベーターのボトルネックからソーシャルディスタンス、従業員の健康まで、あらゆるものを管理できるとしている。

 さらに、Salesforceはオフィスを刷新し、共同作業用に再設計されたスペース、手で触れる必要のないドアノブとセンサー、デスク間のプレキシガラス、空気清浄機、検査ステーションを設けるという。

 再開を進める中で、Salesforceは従業員の働き方に関するデータを収集している。例えば、月曜日から在宅勤務をしてきた従業員がオフィスを最も使用するのは木曜日だ。水曜日と木曜日には、共同作業スペースの使用率が80%になる。

 また、シドニーのオフィスでは、共同作業スペースの使用率が64%、デスクスペースの使用率はわずか24%だという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]