編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
調査

みずほ銀行とゼンリン、法人向け統計データ流通で実証実験

NO BUDGET

2021-07-15 09:35

 みずほ銀行とゼンリンは、新たな法人向け統計データ流通に向けた実証実験を行う。みずほ銀行が保有する統計加工データと、ゼンリンが保有する地図データを組み合わせ、付加価値の高いビッグデータの創出を目指す。

 みずほ銀行は、2020年5月の銀行法改正に伴い、銀行の付随業務としてデータ提供ビジネスの取り扱いが可能となったことを受け、2020年11月から法人向けに統計データの流通サービス「Mizuho Insight Portal(Mi-Pot)」を開始している。

 ゼンリンは「現実世界をライブラリー化する」をミッションに掲げ、多様な地図情報の整備・提供を行い、世の中に流通しているさまざまな情報を組み合わせることで、新たな価値の創造とビジネスの拡大に取り組んでいる。

実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

 両社は、みずほ銀行が保有する統計加工された年収、支出消費、ATM利用状況といったデータと、ゼンリンが保有する高精度な地図情報を組み合わせることで、人々の移動や消費行動に関するより高度な可視化を行っていく。これにより地域特性に合ったサービスの創造や住みやすい街づくりの計画策定、街づくり後の当該地域の経済活動の把握を可能にする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]