編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Windows Server 2022」が長期サービスチャネルで一般公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-23 11:13

 Microsoftは、Windows Serverの最新版となる「Windows Server 2022」の一般提供を粛々と開始した。Windows Server 2022はLTSC(長期サービスチャネル)でリリースされ、幾つかの新機能が導入されている。

 Windows Server 2022には、「Standard」「Datacenter」「Datacenter: Azure Edition」の3つのエディションが用意されており、米国時間8月20日から「ボリュームライセンスサービスセンター」で入手可能になっている@teroalhonen氏の情報提供に感謝する)。また、Windows Server 2022のイメージは「Azure」でも、「Product Evaluation Center」や「Visual Studio」のウェブサイトでも公開されている(最後の情報は@sbisson氏が提供してくれたものだ)。

 またMicrosoftは、8月18日にWindows Server 2022のライフサイクルについて説明するページをひっそりと更新した。これは、同日付で同製品のサポートサイクルが開始されたことを意味する。Windows Server 2022のメインストリームサポート終了日は2026年10月13日、延長サポートの終了日は2031年10月14日になっている(この情報へのリンクも@teroalhonen氏の情報提供を参考にした)。

 Microsoftは今後、Windows ServerについてはLTSCバージョンだけしかリリースせず、半期チャネルリリースは廃止すると述べている。LTSCのWindows Serverは今後、5年間のメインストリームサポートと5年間の延長サポートを受けられるため、サポート期間は合わせて10年間となる。Microsoftは、2、3年ごとに新しいバージョンのWindows Serverをリリースする予定だという。

 同社は2021年3月、Windows Server 2022に導入される新機能のリストを投稿した。Microsoftによれば、Windows Server 2022のユーザーは次の機能を利用できるようになる。

  • セキュアコアサーバーを用いることで、高度な多層防御を簡単に利用できるようになった
  • HTTPSのサポートやTLS 1.3のデフォルトでの有効化など、ネットワーク接続のセキュリティが強化された
  • 「Azure Arc」を使用することで、オンプレミス、エッジ、マルチクラウド環境のWindows Serverを1つのコントロールプレーンで管理できる
  • 機能強化された「Windows Admin Center」を利用することで、仮想マシン(VM)の管理が容易になった
  • 「記憶移行サービス」の機能が強化され、オンプレミスからAzureへのファイルサーバーの移行が容易になった
  • コンテナーのイメージサイズが削減され、ダウンロード時間が短縮されたことでコンテナーアプリケーションのデプロイメント時のパフォーマンスが改善したほか、ネットワークポリシーの実装も簡素化された
  • Windows Admin Centerのツールが新しくなり、.NETアプリケーションを簡単にコンテナー化できるようになった

 Microsoftは9月16日にオンラインで「Windows Server Summit」を開催する予定だ。このイベントでは、公の場で初めてこの製品の詳細なデモが行われるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]