編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

Google Cloud、クラウドやアナリティクスで複数のパートナーと連携強化--米食品大手General Millsなど

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-10-13 12:45

 Google Cloudと米大手食品会社のGeneral Millsは米国時間10月12日、年次カンファレンス「Google Cloud Next '21」でパートナーシップを強化すると発表した。General Millsは、Google Cloudのアナリティクスやクラウドサービス、人工知能(AI)を活用し、顧客エクスペリエンスの向上を図っていくという。またGeneral Millsは「Google Cloud」を推奨クラウドプラットフォームとする。

 今回の提携強化は、Google Cloudがいかに業界別の分野をターゲットとし、同社のアナリティクスや機械学習(ML)、AIの高い能力を武器に切込みをかけているかを示しているようだ。General MillsはSAPのワークロードや、顧客アプリケーションのワークロード、「Windows」ライセンス、OracleのベアメタルサーバーをGoogle Cloudに移行する計画とみられる。

 同日発表されたGoogle Cloudの顧客に関するニュースの中で、General Millsとのパートナーシップは最大規模となる。ほかにも以下の提携が発表された。

  • Wendy'sはGoogle Cloudのデータツールを活用して、デジタル変革に向けた取り組みを加速するとともに、スマートなレストランのエクスペリエンスを実現する。
  • Siemens Energyは、Google Cloudでビジネスインフラ、システム、データをデジタルに変革する。
  • 物流大手のDeutsche Post DHL Group(DPDHL Group)は、Google Cloudを利用した先進的な配送追跡ツールなどを実現する。
  • 英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)は、現場チームの業務で連携を強化するため、「Google Workspace」を活用している。

 Google Cloudは最高経営責任者(CEO)Thomas Kurian氏の指揮の下、セールス人員を拡充するとともに、OracleやSAPのベテラン社員を複数起用し、業界の専門知識を強化してきた。またGoogle Cloudは、金融サービスや小売、コンシューマー向け製品といった業界をターゲットとし、SAPをはじめとする企業とのパートナーシップを確立している。

 General Millsとの連携で、Google CloudはGeneral Mills内外の情報源からのデータをつなぎ、General Millsがパーソナライズした製品の開発や、サプライチェーンの強化、サービスの向上を実現できるようにする。General Millsは自社のワークロードを徐々にGoogle Cloudに移行していく計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]