編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
海外コメンタリー

ランサムウェアで悪用され続けている古い脆弱性--対策に課題も

Danny Palmer (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2021-10-20 06:30

 サイバー犯罪者がランサムウェアの配布で悪用している脆弱性の一部は、何年も前に発覚したものだ。しかし、セキュリティアップデートが適用されていないために、攻撃者は依然としてその脆弱性を悪用し続けることができている。

 Qualysのサイバーセキュリティリサーチャーらは、共通脆弱性識別子(CVE)が割り当てられた脆弱性のうち、最近のランサムウェア攻撃で最も多く悪用されているものを洗い出した。その結果、いくつかの脆弱性はほぼ10年前に報告されており、ベンダーからのパッチも公開されているものだと明らかになった。しかし、多くの組織は利用可能であるにもかかわらずセキュリティアップデートを適用していないが故に、ランサムウェア攻撃の格好の標的となったままになっている。

 この分析で詳述されている5つの脆弱性のうち、最も古いのは「CVE-2012-1723」という、Oracleの「Java Platform, Standard Edition 7」(Java SE 7)が使用している「Java Runtime Environment」(JRE)に潜んでいる脆弱性であり、2012年に報告されたものだ。リサーチャーらによると、この脆弱性は「Urausy」ランサムウェアを送り込むためによく用いられている。このランサムウェアは基本的なものだが、一部の組織は適切なセキュリティパッチを適用していないため、依然として攻撃の糸口を残したままとなっている。

 リサーチャーらが解説しているその他2つのよく利用されている脆弱性は、2013年に報告されたものだ。「CVE-2013-0431」はJREに潜んでいる脆弱性であり、「Reveton」ランサムウェアによって悪用されている。また、「CVE-2013-1493」はOracleのJavaに潜んでいる欠陥であり、「Exxroute」ランサムウェアによって悪用されている。いずれの脆弱性も修正パッチは8年以上にわたって利用可能となっている。

 そして「CVE-2018-12808」は、「Adobe Acrobat」と「Adobe Reader」に潜んでいる3年前に報告された脆弱性であり、フィッシング電子メールや悪意のあるPDFファイルを介してランサムウェアを送り込むために用いられている。この脆弱性を悪用する攻撃は、「Ryuk」ランサムウェアと、多くの人々がその後継と考えている「Conti」ランサムウェアの双方によって使用されていることが知られている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]