編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

米国務省、サイバー犯罪グループ「DarkSide」首謀者の情報に懸賞金約11億円

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-11-08 10:53

 米国務省は、サイバー犯罪グループ「DarkSide」の首謀者の身元や所在の特定につながる情報に最大1000万ドル(約11億円)の懸賞金を出すと発表した。DarkSideは、2021年に発生したColonial Pipelineに対するランサムウェア攻撃に関与していると同省は指摘する。

Federal officials say DarkSide was responsible for the ransomware attack against Colonial Pipeline.
提供:Getty Images

 Colonialは、コンピューターシステムの制御を取り戻すために多額の身代金を仮想通貨(暗号資産)で支払った。同社は数日間、パイプラインの操業停止を余儀なくされ、東海岸でガソリン価格が高騰する事態を招いた。身代金の一部は後に回収されている。

 さらに国務省は、DarkSideランサムウェア攻撃に参加しようとした個人の逮捕や訴追につながる情報にも、最大500万ドル(約5億7000万円)の懸賞金を出すとしている。米国外も対象となる。

 国務省は声明の中で、「報奨金を出すことで、米国は世界中のランサムウェア被害者をサイバー犯罪者による搾取から保護する責任を果たすことを示している」と述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]