編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
DXマネジメントオフィス入門

全社DX推進後のゴールイメージを視覚化・言語化する

塩野拓 (KPMGコンサルティング)

2022-02-21 06:00

 本連載も最終回です。前回は、全社のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けた「HX(Human Transformation:ヒューマントランスフォーメーション)」について解説しました。全社DX推進を阻害する5つの障壁の突破と不文律分析は大変有益な考え方であり、効果的な方法論です。ただ、HXを進めていくには、「DX推進後のゴールイメージを視覚化・言語化する」ことが重要です。社員の全社DX活動への啓蒙を推進する際、「その結果、自身たちの業務はどのように変わるのか、どういった状態になっているのか」といったゴールイメージを提示し、共感されなければ、本当の意味で腹落ちした啓蒙は難しいでしょう。本連載の最後に、全社DX推進後のゴールイメージ(事例)を紹介します(図1参照)。

図1.全社DX推進後のゴールイメージ(事例) 図1.全社DX推進後のゴールイメージ(事例)
※クリックすると拡大画像が見られます

 「全社DX推進後のゴールイメージ」を策定する際は、幾つかの軸やフレームを用いて、可能な限り全社的・網羅的であることを意識し、業務・デジタルが融合した姿の全体感を示せるようします。図1で示す事例では、まず左側のピラミッドにおいて上から「戦略」「人・組織」「DX実行環境」「連携システムとデータ群(データレイク)」の4層の軸で全体像を整理しています。

※データレイク:構造化されたデータ(基幹システムのテーブル化されているデータベースなど)、非構造化データ(メールやテキストといったテーブル化されていない文章など)やバイナリ(画像や動画、音声データなど)などのファイルを含むあらゆるデータを一元的に格納するデータリポジトリー(データのバケツ)。

 第1階層(戦略):「最上位概念として、経営戦略・事業戦略、そしてDX戦略が存在していること」、また、「それより下位の全ての階層の屋根のように位置づけ、下位の概念群との整合がとれた戦略であること」を表しています。これにより、「全てのDX活動はDX戦略に基づくべきである」というメッセージを明確に示しています。

 第2階層(人・組織):「業務実行主体とマネジメントの2つの役職階層で分け、それぞれが第3階層からどんなデータを授受し、利用するか(タテのデータ連携)」「経営者・部課長・一般社員の間でもどんなデータを授受し、活用するか(ヨコのデータ連携)」「ロボティックプロセスオートメーション(RPA)や人工知能/認知(AI/Cognitive)もデジタルレイバー(人間の業務を代替するデジタルの機能)として含ませていること」を表しています。これにより、企業内の「ヒトとデジタル」がデータによって横断的につながり、サイロが解消され、全ての情報の透明性・連携性が高度化された状態になるというメッセージが明確になります。また、この人・組織にDX専門組織が関わる領域も明確に示しています。

 第3階層(DX実行環境):「これまで分断化・分散化していた業務プロセスがデジタルによりプラットフォーム化され、業務プロセスがシームレスに自動化されていること」「第2階層と第4階層との情報授受・連携を前提とし、データが集約・一元化されていること」を表しています。これにより、「全ての企業活動・業務がテクノロジーによりアルゴリズム化された状態」で自律化・自動化されていく(データドリブン経営)というメッセージを明確に示しています。

 第4階層(連携システムとデータレイク):「第3階層と、クラウドを含む企業内の全てのIT環境が接点を持ちデータの授受ができること」「データ連携のみならず、第3階層からプッシュ型の処理実行までが実現されること」を表しています。これにより、現状で分散化しているさまざまなシステム群を統合することなく、第3階層のデータプラットフォームと連動し、データ基盤群として継続活用が可能であるというメッセージを明確に示しています。

 以上のように、「全社DX推進後のゴールイメージ」を視覚化・言語化する際は、「DX専門組織、ステークホルダーに対してどのようなメッセージを伝えるべきか」「DX専門組織はどの点に貢献し、あるべき姿として盛り込んでいくべきか」を十分に検討し、網羅性と体系を考慮してデザインしていくことが重要です。このようなゴールイメージを目にすることで、DX活動に参加する社員は、「自社・自身が将来的にたどり着く姿と、それに向かうための貢献」に対してしっかりしたイメージと動機・モチベーションを持てるようになるでしょう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]