編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

凸版印刷、ビジネス向けメタバース基盤を開発--インテリアの風合い再現

大場みのり (編集部)

2022-02-22 11:04

 凸版印刷は2月21日、現実空間の色味や質感などを取り込んだ仮想空間を構築し、商談や協調作業などに活用できるメタバースサービス基盤「MiraVerse(ミラバース)」を4月から提供すると発表した。

 メタバースは、新たな交流の場として注目を集めている一方、ビジネスや産業用途での活用に関しては、情報の品質管理やセキュリティの観点から発展途上にある。

 同社は高精細な画像データ処理や、形状を正確にデジタル化する3D計測をはじめとした先端表現技術を基に、空間を正確に再現できるという。今回同社は、クラウドで管理された構成要素をユーザーが自由に組み合わせ、3D空間を生成できるシステムを開発した。MiraVerseでは、専門知識がなくてもメタバース空間を構築することが可能だという。

 同サービスは、設計図や3D/色彩計測を用いて、建物や製品、自然など、さまざまなものを3Dデータ化する。4K/8Kの高精細かつ低遅延な独自のレンダリングエンジン(画面にテキストや画像を描画するソフトウェア)と組み合わせることで、リアリティーを追求したメタバース空間を構築できる。インテリアなどには質感計測技術を用いて、風合いも再現するという。

MiraVerseを活用したバーチャル住宅展示場のイメージ
MiraVerseを活用したバーチャル住宅展示場のイメージ

 同サービスでは、現実世界をそのまま取り込むだけでなく、アイデアや図面段階の試作品など、実在していないものも含めてさまざまなデータを組み合わせられる。また、安全性が高いクラウドで情報を一元管理することにより、ビジネス用途での活用が可能となる。機能はオープンアプリケーションプログラミングインターフェース(API)としても提供されるため、外部のシステムと連携しながらサービスを構築できる。

 アバターについては、同社のアバター生成管理基盤「AVATECT(アバテクト)」と連携する。AVATECTはアバターの本人確認や、アバターとメタバース間の安全な連携機能を提供する。これにより、なりすましを防止し、信頼できる相手との安全なコミュニケーションが可能になるという。MiraVerseは、機密性を有する高度な共同作業から多数の人に向けたプロモーション、大型イベントまで、用途に合わせたセキュリティ環境を提供する。

 同サービスは、ショールームなどにおける顧客の購入意思決定、設計やデザインなどの協調作業に活用できるという。また、メタバースは距離や身体的な制約を超えられることから、新たな芸術鑑賞体験などの提供も期待される。

MiraVerseの展開イメージ
MiraVerseの展開イメージ

 キャンペーン価格は、1空間当たりの初期データ登録料が500万円から、1カ月当たりの空間利用料が50万円から。構築するメタバースの規模によって価格は変動する。

 凸版印刷は、企業のプロモーション、安全教育、ミュージアム、防災訓練など、さまざまな用途において同サービスの活用を推進し、2025年度には関連受注を含めて100億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]