編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

日立製作所、「オフィスグリコ」とコラボで無人店舗の実証を開始

NO BUDGET

2022-02-24 16:26

 日立製作所は、グリコチャネルクリエイトの「オフィスグリコ」を用いて無人店舗の実証を事業所内で開始する。

 実証では、生体認証による本人確認や自動決済、センサーを活用した購買行動ログの取得、デジタルサイネージなど、日立グループのさまざまな技術を組み合わせる。同社の小型無人店舗のサービスコンセプト「CO-URIBA」(コウリバ)のもと、在庫管理や商品補充の最適化、売れ行きの把握、消費者の購買行動や好みなどに基づいた新しい買い物体験の提供について検証していく。

CO-URIBAのイメージ
CO-URIBAのイメージ

 CO-URIBAでは、利用者が生体情報とクレジットカード情報をあらかじめ登録しておくことで、利用時に生体情報で本人認証を行い、商品を手に取り店舗エリアから離れるだけで自動精算が可能となる。商品棚と天井に設置した高精度センサーにより、ガムなどの小型軽量の商品でも認識でき、一度手に取った商品を棚に戻した場合でもキャンセルと判別可能。生体認証により、スマートフォンやクレジットカード、現金などを持たずに手ぶらで買い物ができる。

 またCO-URIBAを活用することで、利用者の好みを収集して商品開発などのマーケティングに活用できるほか、購買状況をタイムリーに把握し、在庫管理の最適化や売れ筋商品の迅速な補充が可能となる。

 さらに商品棚の重量センサーと商品棚上部の3Dセンサーから、利用者の行動履歴を収集し、購買データとともに複合的な分析も可能となる。例えば、購入者の属性や購入商品、時間帯などの情報に加え、商品前でしばらく足を止めた、一度手に取ったものの購入に至らなかったなどの行動履歴を多角的に取得できるという。

 今後日立では、デジタルサイネージ技術「MediaSpace」などを活用しながら、売上向上につながるマーケティング機能をさらに強化する。また「IoT決済プラットフォームサービス」を活用したダイナミックプライシング(需要に応じた価格変動)機能の実装などを検討していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]