「マネーフォワード クラウド契約」、契約データ自動取り込み機能を提供

河部恭紀 (編集部)

2022-04-05 12:35

 マネーフォワードは4月4日、電子契約サービス「マネーフォワード クラウド契約」において、国内主要の電子契約サービスからメールなどで受領した電子契約を自動で取り込むことができる「契約データ自動取り込み機能」の提供を開始した。電子契約の一元管理をさらに容易にし、契約書管理業務の効率化を実現する。

 働き方の多様化やペーパーレス化が進む中、契約書においても電子契約サービスを利用する企業が増えている。その一方で、さまざまな電子契約サービスから送付されてくる電子契約をダウンロードしたりインポートしたりする作業に手間がかかっており、担当者にとっては管理負荷が大きくなっているという。

 契約書の管理にかかる手間や漏れを、防止・削減・最適化していく目的で契約データ自動取り込み機能を開発したとマネーフォワードは説明する。

 同機能は、国内の主要な電子契約サービスから契約締結時にメールなどで受領する電子契約を、マネーフォワード クラウド契約に自動で取り込む。取り込んだ電子契約は、マネーフォワード クラウド契約のワークフローに登録され、保管することが可能となる。

 マネーフォワード クラウド契約は、契約を承認・決裁するための「ワークフロー機能」を備えることで電子契約と紙の契約の一元管理を可能している。契約データ自動取り込み機能の提供により、他社の電子契約サービスから受領する電子契約の管理もさらに容易になるとマネーフォワードは述べる。

画像

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]