編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
海外コメンタリー

メタバースの台頭で真剣にとらえるべきセキュリティの課題

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-04-08 06:30

 大手IT企業は、私たちが好むと好まざるとに関わらず、メタバースを実現しようとする試みを止めるつもりはないようだ。どのメタバースが、いつ勝利するのかはまだ分からない(そもそも、「5年後には一般人が仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を使うようになる」と言われ始めてから、もう30年も経つのだ)。

The metaverse is coming, but so are all these security problems
提供:By ART STOCK CREATIVE -- Shutterstock

 しかし、メタバースがいつどんな形で実現するにしても、私たちが長年解決しようとしてきた、既存技術が抱えているプライバシーやセキュリティの問題を克服できるとは考えにくい。

 むしろ、悪化する可能性の方が高い。

 現代のウェブの多く(大部分と言ってもいいかもしれない)は、監視資本主義によって支えられていることを忘れてはならない。これは、ほとんどの大手IT企業が、私たちを観察し、分析し、私たちがどういう人間で、何を好むかについての情報収集をビジネスモデルの基礎にしているということだ。

 解決されない問題はもう1つある。IT企業は、開発者が安全性を確保するための時間を十分に取れないまま、バグの多いソフトウェアのコードをリリースし続けている。これは、製品を最初に市場に出すことが、顧客のデータやプライバシーを守ることよりもはるかに重要だからだ。その結果、プライバシー情報の漏えいはあまりにも頻繁になり、消費者は何かがあっても肩をすくめるだけで、漏えいを起こした企業との取引を続けてしまうようになった。

 一方、詐欺師たちの手口も巧妙さを増している。フィッシング攻撃であれ、ランサムウェアであれ、データの窃盗であれ、ほとんどの警察はこうした犯罪を理解できず、理解できたとしても、犯人が別の管轄地域に消えてしまうこともあれば、時には犯人がいずれかの政府の指示を受けていたことが判明する場合すらある。いずれの場合も、犯人を追跡するのは困難だ。

 メタバースには、これらすべての問題を悪化させる危険がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]