NVIDIAとエクイニクス、日本でAI開発支援プログラムを立ち上げ

ZDNET Japan Staff

2022-04-13 16:13

 NVIDIAとエクイニクス・ジャパンは4月13日、両社のテクノロジーを利用して人工知能(AI)開発を支援する「LaunchPad」プログラムの国内提供を開始すると発表した。

 LaunchPadは、NVIDIAのさまざまなAI開発のソリューションとエクイニクスのデータセンターのリソースを組み合わせて提供するもので、データサイエンスやAIのワークロードのテスト、プロトタイプ作成などを支援する。

 両社は、AI開発に取り組む企業の多くが概念実証(PoC)を行えても、本格運用に向けた環境整備や運用が複雑なことや、セキュリティ、プライバシーに関する懸案事項への対応の難しさなどから本格運用に至れていないと指摘。このプログラムでこうした課題への対応をサポートすることにより、AIのビジネス機会の創出を支援すると説明する。

 LaunchPadでは、NVIDIAのAI基盤「DGX」で動作するトレーニングや推論用のアルゴリズムなどを試用できる。NVIDIAの各種のAI運用機能やサービスのほか、VMwareの「vSphere」やRed Hatの「OpenShift」などでAIのワークロードを実行する「NVIDIA AI Enterprise」も評価できるとする。

 今回のプログラムは、日本を含む9地域のエクイニクスのデータセンターで展開されるといい、高速回線で相互接続された各地域のデータセンターや企業のオンプレミス環境を接続してのAIの展開も行えるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]