編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

神戸製鋼所、日本IBMおよびキンドリルとDXパートナーシップを締結

ZDNet Japan Staff

2022-04-21 14:32

 神戸製鋼所(KOBELCO)は4月21日、KOBELCOグループのIT業務を2027年まで日本IBMとキンドリルにアウトソーシングする契約を締結したと発表した。併せて、神戸製鋼所と日本IBMが出資するコベルコシステムを含めた4社で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する新たなパートナーシップを確立した。

 KOBELCOグループのIT業務に関する日本IBMへのアウトソーシングは、2001年から20年間続くという。今回の新たなパートナーシップで、4社がKOBELCOグループの業務改革や事業貢献のためのDX推進、ITに関する長期的な安定維持や継続的な費用の最適化と、ITの高度化および継続的な人材育成、技術交流を進める。

 神戸製鋼所は、2021年度から3年間の中期経営計画で、安定収益基盤の確立とカーボンニュートラルへの挑戦を最重要課題に位置付け、DXで2050年を見据えたカーボンニュートラルの実現、ロボット型ソフトウェアによる業務プロセスの自動化(RPA)やIoT、人工知能(AI)の活用による生産性向上などを進めているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]