編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

日本IBMとGRS、「IBM i」向けモダナイゼーションの技術検証サービスを開始

NO BUDGET

2022-06-15 06:00

 日本IBMとジーアールソリューションズ(GRS)は、「IBM Power Systems Virtual Server」を用いて、「IBM i」シリーズ向けアプリケーション資産の近代化を図る概念実証(PoC)サービスを開始した。

 このサービスは、「IBM Power」で稼動するIBM i(旧System i、AS/400)のユーザーが、システムモダナイゼーションを伴うデジタルトランスフォーメーション(DX)をクラウド環境やDevOpsを駆使して実施することを支援する。

 IBM iの環境をPower VM上の「LPAR as a Service」として提供するIBM Power Systems Virtual Serverと、IBM iアプリケーションの可視化・解析ソフトウェア「X-Analysis Advisor」を組み合わせることで、ユーザーのオンプレミス環境に影響を与えることなく低コストにPoCを実施できるという。

 X-Analysis Advisorは、GRSが国内総代理店として提供しているもの。このソフトウェアは統合開発環境(IDE)のEclipseに、IBM iアプリケーション開発用プラグインを組み込んだ「Rational Developer for i」を用いて開発可能という。また、同ソフトウェアによる解析結果は、データフロー図やER図など最新の設計開発手法で用いられる形式として得られる。

 アプリケーション資産の近代化で選択される主な方法は、(1)IBM iのオンプレミス環境を活用しつつアプリケーションの最適化と外部API連携を進める、(2)IBM Powerサーバー上のERP環境に移行する、(3)IBM Powerサーバー上で新規開発する――の3つがあるとし、どの選択肢においても今回のサービスで得られる結果を有効活用できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]