編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ヤマト運輸、ServiceNowのITSMツールを導入--データ問い合わせ業務を効率化

NO BUDGET

2022-08-05 10:59

 ヤマト運輸は、社内のデータ問い合わせ窓口「データコンシェルジュ」業務に、ITサービスをクラウドで一元管理する「IT Service Management(ITSM)」を導入した。ITSMを提供するServiceNow Japanが発表した。

 ヤマトグループでは、「データに基づいた経営への転換」を推進しており、同グループが有するデータを収集・統合し、修正して使える状態に整理するデータコンシェルジュを設けている。

 データコンシェルジュは、データサイエンティストから求められるデータを、すでに整理されているデータカタログのどこにあるかをアドバイスする役割を担う。しかし、未整理のデータは複数のコミュニケーションツールや電子メールを活用し、必要なデータの有無を担当者に問い合わせるなどの工程が発生していた。

 そこでヤマト運輸は、2021年6月よりクラウド運用や構成管理で活用していたITSMをデータコンシェルジュに導入した。また、ServiceNowのITSMはローコード・ノーコード開発に対応しているため、データサイエンティストやデータコンシェルジュの視点で使いやすいシステムに改良できるという。

 今回の導入で、データコンシェルジュが対応できる1カ月のデータ件数は1.5倍に増え、データの納期は約1カ月から約2週間に短縮できた。データ確認の進捗状況を可視化することで、データの納期がいつになるかのめどが立ちやすくなり、社内の円滑なコミュニケーションにも寄与している。また、これまでの履歴をナレッジとして蓄積することができるため、過去の問い合わせを参照することも可能になった。

 ヤマト運輸では今後、データサイエンティストやデータコンシェルジュの視点で使いやすいシステムに改良を重ね、蓄積されたナレッジからデータサイエンティストが自ら検索して必要なデータを探し出せる仕組みの整備を検討していく。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]